下半身をさ私の心

多点愛撫を心がける
陰部への愛撫を素手で行うのもよいが、しばしば柔らかい突起つき手袋を使うのも効果的。複数部位への愛撫性感マッサージの初期段階での3点攻め等の愛撫を行なう際、陰部への刺激はとくに、きわめて軽く優しく行なうのがよい。女性の体は大変デリケートである。愛撫は初めゆっくり、優しく。そして次第に早く、少し力を入れたり、緩急強弱入り混ぜるようにしていくが、とくに最初は、きわめてゆっくり、軽く、優しく刺激すると軽く、よい。ぼくの場合は多少、緩急強弱を入れていくが、最後まで大きな力を入れることはない。つねに波のようになめらかに、その後も、を心がける。
よくアダルトビデオなどで、力まかせに女性をイカせようとするのがある。だが、それは美容性感マッサージには禁物である。
ビデオの中でそういう力まかせの愛撫をされた女性がたとえイッても、所詮、そうしたビデオは男性向けに作られている。見せるための演出にすぎない。アダルトビデオの中の女性は、かなりの部分、演技なのである。ちつ多くの実際の女性は、力まかせの愛撫をされることを望んではいない。腔に男性の指を入れて激しく動かして短時間に女性がイクこともあることはある。だが、多くの女性はそうした短時間にイッてそれで終わりというエッチは望んでいない。それよりも、長い時間をかけてゆっくりじらされながら、何度も快感の山脈を果てしなく漂うことを望んでいる。力の入った愛撫を好む女性は、ほんの一部にすぎないと思うべきだ。たいていの女性にとってそれは痛いだけである。ぼくの場合、初めから最後まで、優しく、ていねいに、軽くを心がけている。あまり激しい力を入れることがないから、2時間でも3時間でも愛撫していて疲れない。
にもかかわらず、その間に多い場合、女性は10回もイク。力はあまり入れていない。彼女たちは快感の山脈の中で幾つもの山頂を越えて、めくるめく官能の世界をただよい、初めから終わりまで夢心地イク瞬間も、である。
そういう体験をした女性は、別世界のようだったわと言い、やみつきになるようでリピーターになってくれる。女性に快感を与えるのに力はいらないのである。大切なのは力より時間だ。女性の快感はゆっくり上っていき、頂上に達してもすぐには降下せず、雲の上に長くいることができる。快感の山脈の上に長くいさせてあげることが重要である。効果的な愛撫法の組み合わせ2点攻め、3点攻め、4点攻めなどをうまく組み合わせて刺激することが、最も大切である。複数箇所への愛撫のバリエーションを変えることで、快感さらに、ていねいな施術と、は幾倍にも増加する。今までみてきたように、女性がベッドに横になってから15分か20分程度、まずオイルを使った美容マッサージを行なった。そののち男性は、ここで女性の陰部に優しくふれながら、足の指をなめている。読者の中には、「ちょっと女性の陰部に触れるのは早いのではないか。もう少し陰部から遠い所を口や手で愛撫したのち、徐々に陰部に近づいて愛撫し始めたほうがいいのではないか」と思うかたもいるかもしれない。しかしぼくの経験上、女性の陰部に触れずに他の部位を口や手で愛撫し始めると、くすぐったがる女性も出てくる。とくに、今までイッたことがないという女性や、若い女性はそうである。そういうくすぐったがり屋の女性であっても、女性の陰部を優しくローション·マッサージしながら、他の部位を同時に愛撫していく手法は、効果的なのである。
くすぐったがられることはない。足の裏等への愛撫
足の裏も軽くマッサージするだけでなく、陰部を愛撫しているなら、同時に足の裏をなめる愛撫も可能だ。足の指をすべてなめ回したら、足の甲やふくらはぎ、ひざの裏やももなど、脚の他の部位も、口や手で優しく愛撫していく。それから足の裏である。はじめに行なったオイルマッサージで、男性はすでに女性の足の裏にもオイルを塗ってある。また、男性が女性の陰部をローション·マッサージしながらの同時進行であれば、さらに足の裏を舌でなめまわしても、大丈夫である。これは、普通ならと言われて蹴飛ばされるかもしれない行為だ。けれども、ほぼくが今まで述べたような段階を踏んでくすぐったいと言われることはない。



店側もそれに応じていかなければならなくなっていくんでしょうね風俗店
むしろ女性に巨大な快感を与えるくすぐったいやると、ことができる。足の裏というのは、じつはものすごく豊かな性感帯なのだ。足の裏は指圧のツボがそろっているとよく言われるが、性感帯のツボもそろっている。
とくに、すでに女性が全身に快感を感じていてあっ…あっ…と息の高まりを見せ始めているときなら、足の裏への愛撫も大丈夫である。もし、少し心配ならば、女性の足をつかんでいる際、男性の手の親指で女性の足の裏を少し強く押さえるような感じにしつつ、足の裏を舌でなめてあげると、くすぐったがられずに気持ちよくさせることができる。さらに、短く5秒ほど足の裏をなめてあげたのち、女性にくすぐったい?と聞いてみるのもよい。気持ちいいとかくすぐった気持ちいいの返事であれば、もっと続けてもOKだ。くすぐったいわの返足の裏はやめて他の部位を愛撫していく。事であれば、
背中やお尻への愛撫お尻も豊かな性感帯がある。背中や腰、手と口によって愛撫するとよい。
つぎに、女性の陰部でクリトリスやその周辺に優しく触れることを続けながら、女性の背中や腰、お尻などに手や口、舌を使って愛撫していく。片手は女性の陰部にふれながら、もう一方の片手は女性の背中をやさしくさすり、口はお尻や腰を愛撫するというように、3点攻め、2点攻めを心がける。うつぶせになった女性の口から快感の、ため息がもれる。声を殺して聞こえないようにしている女性もいるが、心の中では気持ちいい~!と思っていることが、その表情ここらへんになると、からも読み取れる。
背中は、手のひらや指を使っても効果的だが、口唇と舌を使うのがさらに効果的で優しく、口唇をふれるようにし、舌もつかって優しくなめてあげる。さらに首筋やうなじ、耳たぶ、耳の裏、耳ていねいに、ある。の穴もなめてあげるとよい。ここらへんも大きな性感帯だ。じつは女性の背面というのは、性感帯の宝庫である。体の背面は自分では手の届かないところが多い。そういうところは、性感を感じやすいところでもある。だから、女性の背面をすみずみまで、ていねいに愛撫してあげることだ。わき腹などもそうである。あらゆるところは女性の性感帯だといっていい。もれなく、ある程度の時間をかけて愛撫してあげる。お尻だけは、口をしっかりつけ、吸い込むようにしながら円を描いてお尻の上で口唇をすべらす、というのも気持ちいい。

  • 髪の間から覗く耳
  • セックスについて連想することを避ける感度が鈍くなる感じ始めて
  • 射精したあの瞬間

射精のお手伝いだけ

風俗などの依存に苦しんでいることと思います
指を鷹へ挿入こうした様々な部位への愛撫をしている際も、つねに女性の陰部に片手を置き、そこで軽く優しいローション·マッサージを続けている。しかし、ある程度それを続けたら、しだいに手の中指を腔の入り口に持って行き、ゆっくり、ゆっくり中指を謄の中へ挿入していく。指はローションで濡れているので、スムーズに入っていくはずである。背後から指をゆっくり摩の中に入れていくその際、急激に指を入れてはいけない。
女性が、高まる快感のなかで気づかないほどにゆっくり、中指を摩に挿入していくのである。もちろん、全く気づかないということはない。しかし、ぼくが施術した多くの女性はよく、「気持ちよくて、指をいつ入れたのか気づかないほどだったわ」と言う。それくらい自然に、ゆっくり、すーっと入れていくのである。はじめは中指の腹が、おしり側になるように入れる(上向き)。そして、ゆっくり、ゆっくり、中指を崖の中で小さな波のように上下に動かしていく。その際、同じ手の薬指を伸ばし、クリトリスはすでにその頃は勃起して、堅くなり、少し膨らんでいるだろう。だから薬指を伸ばせばわかるはずである。薬指で、かわいいクリトクリトリスにも触れるようにする。リスを優しく、優しく小さな波のような運動を与えて、もてあそんであげる。つまり中指で腔の中を、また薬指でクリトリスを刺激する一方、もう一方の手と口を使って、背中やお尻、脚などへの愛撫を続ける。
すべて使えば4点攻めができる。
これが背面への性感マッサージの第二段階だ。昔のセックス·マニュアル本などにはよく、瞳の中は鈍感であまり性感帯はない、などと書いてあるものがあった。しかしこれは、とんでもない間違いである。瞳の中は、じつは性感帯の宝庫である。摩の上部にも、下部にも、左部、右部、奥の部分にもすばらしい性感帯がそろっている。中はどこもかしこも性感帯という感じだ。しばらく中指の腹をおしり側(上側)
に向けた状態で愛撫したら、つぎに、中指の腹をゆっくり下側に方向転換して(下向き)、今度は摩内のお腹側を刺激していく。摩口の近くから始め、しだいに奥に入っていき、Gスポットやその周辺の腔壁を刺激していく。はじめ軽く、ときに少し強く東刺激する。開発されると女性が最も感じる所である。中指をすべて摩に入れて、第二関節を曲げたあたりの摩壁である。Gスポットは、性的に成熟した女性の場合、クリトリスへの刺激の何倍もの快感を感じる場Gスポットは、所だ。しかしGスポットだけを攻めるのではなく、その周辺をも攻め、再びGスポットに戻るといった形で愛撫する。それは、同じ所を長く攻めるより効果的に快感を高める。女性は、クリトリスと腔の中への刺激をうまく組み合わせながら愛撫していくと、それだけで激しいエクスタシーに何度も達することができる。

二○○五年に景観緑三法などが整備

エッチの日だからですエッチをしたい気分に彼女は彼しかし、この段階で早くイカせようなどと思ってはいけない。ここではまだクリトリスと謄への愛撫は、きわめて優しく、優しく続ける。動いているのか動いていないのかわからないくらい、ゆっくり軽いものでかまわない。決して急いではいけない。女性をじらすことが大切だ。女性は、じらされることで気持ちが高まっていく。ああ、もっとやってもっと強くやってと言わせるくらい、軽い刺激で始め、じらしてあげるとよい。それをもし強すぎる刺激で始めてしまい、「ああ、と言われるようだと、それだけで興ざめしてしまって、その後にいいマッサージをしてあげられなくなってしまう。もっと軽くやって」もっとも、腔に指を入れただけ、クリトリスも軽く触れているだけという、軽い刺激なのに、ここらへんで、もうイッてしまう女性もいる。
「まだ指を入れてそれほど時間が経っていないというのに」とも思うが、それまですでにオイルマッサージやローションマッサージを通して女性はとても気持ちよくなっているから、感度のいい女性はここらへんでイッてしまうのだ。しかし早くイカせればそれでいい、というものではないことを覚えておいていただきたい。早くイク女性は、エクスタシーも浅いことが多い。だから、ここらへんではまだイカなくていいのだ。気持ちよく、我を忘れるようであってくれればそれでいい。
だからぼくの場合、この女性、もうイッちゃうなと思えば、そのまま一気にイカせようとするのではなく、イク一歩手前の状態にとどめておく場合がある。イク一歩手前の時むしろ刺激をいったん弱め、間が長く続けば続くほど、じつは一気にイクよりも、女性の満足感は高くなるのである。そのほうがエクスタシーの質と量が高まるのだ。たとえ軽い刺激であっても、3点攻め、4点攻めの手法で行なうと、女性は激しい快感で全身がのたうちまわるようになる。とくにクリトリスと腔の中への愛撫は、デリケートさを決して忘れず、つねに優しく行なう必要がある。ハケ付バイプも使うこのように中指を背後から女性の瞳に入れたまま、女性の背面を愛撫する際、第2章で述べたハケ付バイブも使うとよい。
手や口による愛撫とは違う、ハケの振動による柔らかく独特な東刺激を与えることができる。要するに愛撫にバリエーションを与えることが、女性を夢中にさせ、飽きさせないコツである。だから、ハケ付バイブなど軽く柔らかい振動を与えるものを、時々使うのもよい。ただし、そればかり長時間使用してはいけない。数分したら、また手や口に切り替えるなど、変化をもたせることが大切だ。
背後からクリトリスをなめてあげる
背後からクリトリスや小陰唇をなめてあげるさて、そののち、うつぶせの女性に声をかけ、「ひざを立てて腰要だけ上げてくれる」と言って、腰を上げてもらう。両脚は少し広げてもらう。男性はその腰の後ろにうつぶせになり、女性の股の間から両手を入れ、女性の陰部に口を近づける。しょういんしん背後からクリトリスや小陰唇瞳の左右の肉びらをなめてあげるためだが、まずお尻や、クリトリス周辺をなめてあげたのち、クリトリスと小陰唇全体を優しく口の中に含むようにする。最初からなめあげるのではなく、むしろクリトリスと小陰唇全体を口の中にすっぽり含み、男性の口の中の温度でそれらを温めてあげるような感じだ。男性の熱い息をクリトリスに軽くふきかけてあげるのもよい。そののち、クリトリス周辺に男性の口唇全体を当てた状態のまま、舌を使ってロ腔内に含んだクリトリスと小陰唇を、上下左右にゆっくりなめ始める。

風俗では絶対に採用

ぺろぺろなめていくが、あまり強くやり過ぎてはだんだんと、いけない。舌だけでなく、口唇全体も使いながら、なめていく。女性の陰部に当たる部分が、舌の先という小さな点になるのではなく、男性の口の上唇、下唇、舌の表面という広い範囲を当て、包み込むようにして愛撫していく。つまり刺激を与える部分が広い範囲に何点もあったほうがよい。
「可愛いクリちゃんをなめてあげる」という優しい気持ちでなめながら、さらに空いている両手でお尻や、背中などを愛撫してあげるのもよい。なめ方も、なるべく単調にならないように左になめたり、右になめたり、上になめたり、バリエーションを変えてすべきである。
スティック型ローターまたは手指による摩内マッサージこのように口でクリトリスへの愛撫をしたのち、手でクリトリスを優しく愛撫しながら、第2章で紹介したスティック型ローターの先端ローター部分を、ぬるぬるローションをたっぷりつけた状態で、腔の中にゆっくり、ゆっくりと挿入する。
初めて入れるものなので、とりわけゆっくりが求められる。
ローターのスイッチを入れ、謄の内部での振動を開始させる。挿入したら、強弱のコントローラーは、最も弱いものでよい。女性には少し振動しているかなぐらいの感覚でよい。はじめから強い刺激を与えてしまっては台無しである。じわじわと、ゆっくり快感を高めていくことが大切だ。スティック型ローターは、中間部が細くなっているため、先端の少し太いローター部分を入れたのち、持っている手を離しても摩の中から抜けない。だから、男性はローターを女性の麿の中に入れたまま、両手を空けることができる。その両手や口をつかって、多点愛撫を心がける。
ローターは摩内部を愛撫している中、両手とロで、女性の身体の計4カ所を同時愛撫できるはずである。しばしば手や口をクリトリスに置き、優しく愛撫するとよい。こうして、女性の身体のあらゆるところを優しく愛撫する。女性は全身が快感に包まれ、たいていの女性は、もうどうしようもないほど悶え始めることだろう。もちろん、ときに男性は片手をローターにそえ、ローターをゆっくり左右上下に動かしたり、回転させたりして、ローターの崖内への刺激に変化を与えることもできる。すると女性の快感は、さらに増す。ただ、ローターを激しく摩の中に突っ込んだりしてはいけない。痛がられたら終わりである。
優しく様子をみながら、様々な刺激を摩内部に与えていくとよい。こうしてある程度、女性に楽しんでもらったら、ローターを崖から抜く。そして、はだけていた浴衣を背中やお尻にかけてあげる。こののち女性に仰向けになってもらい、仰向けでのマッサージに入っていく。または、スティック型ローターを使わず、中指を腔内に挿入して、ゆっくり腔の中を優しく動き回りながら愛撫するのもよい。女性によっては、そのほうが好まれる。中指の動きは、激しくするのではなく、あちこちを押したり、揺らしたり、動き回ったりと、変化を持たせていく。指の温度も女性は感じるので、性感はしだいに高まっていく。ゆっくり、優しく、

店側もそれに応じていかなければならなくなっていくんでしょうね風俗店

おまえみたいな巨根

マンコ丸出し女だぜ

仰向けでの

美容性感マッサージ脚へのオイルマッサージ恋人や妻ならまだしも、初対面の女性の場合、仰向けになることには恥ずかしさも増えるものだ。
そこでぼくの場合、女性が仰向けになる際に胸から下腹部までちゃんと浴衣でおおわれるよう、うまく浴衣を持ってあげながら「では仰向けになってくれますか」と言っている。つまり女性が仰向けになったとき、すぐに胸や下腹部が見えてしまうようにはせず、浴衣がかかった状態にしてあげる。こうした状態で、オイルを使ったマッサージを再開する。まず脚から始める。脚の、とくに、うつぶせ状態では塗ることのできなかった部分だ。脚のすねなどは骨のところなので、単にオイルを塗る程度にし、軽くさする程度でいい。指圧などの痛くなるようなことはしない。また脚のももの部分は、両手で筋肉を軽くもみほぐすような形で、オイルを塗り込んでいく。
腕と手手の指等を愛撫しながら、浴衣を少し
脱がし、胸への愛撫も同時に行なうそののち、腕と手のオイル·マッサージに入る。うつぶせでは濡れなかった部分に塗りながら、軽く筋肉をもみほぐしてあげる。痛くならない程度の優しい力で行なうことが大切だ。また肩や首すじにもオイルを塗って、軽くマッサージしてあげる。顔は塗らない。顔は女性にとって特別なところであり、顔専用の化粧品を使っているところだから、顔にオイルは塗らない。そののち手の指への性感手の指、手の指と指の間、手のひらなどは、じつは性感帯の宝庫である。
いつも生活の中でが、性感帯の宝庫だとは意外だ、というかたもいるに違マッサージに入る。
使う頻度の高いいない。ぼくが施術した女性の中にも、手が性感を豊かに感じる場所であることを初めて知ったという人も多い。そしてこんなに感じるなんてと驚く。だから手への愛撫の仕方をマスターすることは、美容性感マッサージには必須である。3回目の蒸しバスタオル(省略可)手や腕、胸へのマッサージに入るあたりで、3回目の蒸しバスタオルを使うとよい。(ただし、3回目の蒸しタオルは、すでに女性の身体が充分温かくなっており、省略してもよい)。
興奮しているなら、蒸しバスタオルをかける前に、女性の肩から胸、腹部等にオイルを塗る。ただし塗るだけだから、それほど時間はかけない。塗り残しのないよう、ていねいに行う。
オイルをぬるために胸にもさわるが、あくまでオイルを塗る作業として行う。乳房をいとおしむように、またかわいがるように、やさしくていねいに塗ってあげる。そののち女性の浴衣をとりさり、前回使った蒸しバスタオルを再び電子レンジで温めたものを、仰向けの女性の体の上にかけてあげる。例によって熱いけれど気持ちがいいと思えるくらいの温度が大切である。蒸しバスタオルで血行がよくなり、しだいに性感が高まってくる。