亀頭をクルクルと回し始め

アナルに入れてき
挿入の痛みを堪えるための自然現象だ

る形だ。このときも、すぐ激しい動きをするのではなく、まずゆっくり動かしながら、男性の両手で女性の背中やお尻、ももなどをさすったり、口で背中を愛撫してあげることが大切だ。そののちしだいに、ピストン運動を強めるとよい。バックの体位で背後からピストン運動をされることは、女性に激しい快感を与える。それはこの体勢では、男性器の頭が摩の奥までを刺激するからである。ピストン運動をしながら女性の体の複数箇所このときも、女性の快感は大きく増幅される。への愛撫を心がけると、女性の中には、「バックの体位がとても気持ちいいわ」
というひとも多い。ただしその一方、「やっぱり正常位が一番好きかな」という女性も多いから、いろいろ試してみてあとで感想を聞いてみるのがよい。再び側位、正常位、そして座位へある程度、バックの体位を楽しんだら、男性器をいったん抜き、座位に入ることもできる。しかし、男性器を抜くことなく、再び側位(逆の向き)に入り、正常位へ戻り、そこから座位に入ることも可能だ。男性器を抜くことなく移行したほうが、合体感のとぎれることがなく、女性も男性も快感が連続的になる。それには、ひざを立てたバックの体位から、まず女性にそのまま寝ちゃってくれる?と言い、再びひざを伸ばした後背位になってもらう。女性が脚を伸ばした状態で腹ばいになり、その上に男性が乗っている形だ。合体したままである。そののち側位へ移る。男女とも、先ほどの側位とは別の方向に体を向ける。男性は背後から女性を抱きしめながら、その方向へ二人の体を向けるとよい。そうやって二人が側位に入ったら、再び側位での刺激を楽しんであげる。そののち、女性の上のほうになっている脚を男性が持ち上げ、女性の両股を広げながら男性の上体を垂直に起こして女性の両股の間に入り込み、再び正常位に戻る。
このへんは、先ほどの体位移行の逆のプロセスをとればよい。逆のブロセスだが、女性に新しい快感を与えようと考えながらすることが大切だ。正常位に戻ったら、再び正常位の体位で楽しむが、そのまま座位に移ってもよい。合体したまま座位に移るには、まず男性の両脚を前に伸ばす。女性の上体を完全に起こしてあげる。ひざを伸ばして男性の脚を女性の両脚の下に伸ばす形だ。さらに女性の両腕を手でつかみ、女性の上体を起こす。女性の背中にも男性の両手をまわして、
男性がベッドにすわり、その上に女性が男性と向かい合わせにすわって、お互いの性器を合体している形になる。この座位も、女性にとってきわめて新鮮で豊かな快感を与えるものだ。
それまでの寝転んだ状態でのセックスとは違い、男女とも垂直になって抱き合い、抱きしめたりしながら、ピストン運動の快感キスをしたり、を味わえる。
ビストン運動のほか、合体した部分を上下左右に揺らす運動も、きわめて大きな快感だ。またこの体位は、恋人として抱き合いながらセックスをするという感覚の強いものであり、女性の中にも座位が好きだわというひとも多い。この座位は単に性器を合体させているだけでも気持ちのいいものだ。だからこの座位のまま、彼女に飲み物を差し出して飲ませたり、座位のまま軽い食事を共にすることさえ可能である。手の届く所に食べ物を置き、スプーンやお箸等で一口分を取り、彼女の口にそれを運んで食べてもらうということもできる。女性に新鮮な快楽を与える。この際、ピストン運動は休止し、ほとんど単に合体しているだけである。そのとき、もし男性の勃起力が弱まり、萎えてしまうようなら、これはでこういうセックスしながらの食事も、きないだろう。しかし、堅いまま勃起を長く保てるようになると、こうしたことさえしながら、セックスを豊かに楽しむことができる。
座位。いろいろな楽しみ方ができる体位でもある。性感マッサージや様々の体位を組み合わせながら以上、体位の基本的なものを解説してきた。

プレイはさすが部分

この本でぼくが述べてきた美容性感マッサージや、様々な体位を組み合わせることが大切である。先に述べたように、時々休みを入れてもよいし、女性に上質な快感と新鮮な感動、大きな満足を与えるには、その際、二人の愛の時を楽しむことだ。飲み物を飲んだり、食事をしながら、もし男性がイキそうになってしまったら、いったん抜いて性感マッサージをしてあげ、そののち再び違う体位で合体したり、変化を楽しみながら長い時間セックスを楽しめるようになると、女性の満足はより大きい。
女性の満足感が大きければ大きいほど、女性は男性から離れられなくなり、男性の満足もまた大きくなる。ぼくの場合、ていねいな美容性感マッサージや、様々の体位を組み合わせて楽しむこにとで、たとえ一日中であっても快感を楽しむことができる。その間、決して女性を飽きさせることがない。体位については、どの体位を女性が一番好きかは女性によって異なる。だから、どれが一番好きかがわかったら、その体位を重点的にしてあげるとよい。正常位が一番の基本だし、たいていの女性は正常位だけでも豊かな快感を得る。他の体位も体験させてあげると、女性の官能の世界が女性は新しい体験をし、より豊かに楽しむことがけれども、広がる。
できる。そこには新しい感動、新しい快感がある。ぼくが述べてきたことは基本にすぎない。だが基本をマスターすれば、いろいろに応用できるだろう。あとは、読者の性生活の中で発展させてくださればさいわいだ。以上、
SMと社会的認知

Mは本当にメジャーになったのか

SSMとは何かという問題については後述しますが、最初に、なにやら大事そうな、それほどでもないような事を、なんとなく述べてみます。まー、一応、大事なことです。まだ、自分のM性を認められない女性のみなさんは、たぶん、これから述べる点がハードルとなっているからですね。よく、SMという行為について『社会的に認知された』市民権を得たという言い方をする人がいます。
ある意味では、昔に比べれば、確かにそうでしょう。『SM』という言葉を口にしたり、表現することは、かなり許容されています。しかし、『認知されているように見える』理由は、あくまでも表面的な露出、つまり、映像作品や漫画といったものや、そしてなにより、インターネットという巨大な媒体に多数露出するようになっているからそう思えるだけであり、こと現実社会では、それほど変化はないと言ってもいいでしょう。今では、ネットを見れば、SM的なシュチュエーションを描いた絵や写真が、それこそ嫌になるほど見られますし、ギャグ的な表現としては、少年誌にすら見られます。いわゆるエロゲー18禁ゲームではSM的な表現はもはや当たり前と言ってもいいし、成年コミックでもまたしかり、です。

ペニスを包む陰茎海

なにより、AV、アダルト動画の世界において、かつては、SMというのは、かなり特殊なジャンルで、おそらく、SMを扱ったAVはかなり少ない方でした。我々の世代は、SMを見たくて、苦労したもんですよ、ホント。ところが、ビデオ、それにインターネットとDVDが普及しました。まあ、知ってる方は知ってると思いますが、これらが普及した理由は、ズバリ『エロ』です。下半身にドライブされた欲求というのはとどまるところを知らず、あれよあれよという間に、アダルトコンテンツを見るために普及しました。
そんなわけで、それらの普及と同時に、アダルト動画は大量に量産されて、今現在、相当な割合で、アダルト動画にはSM的な表現が含まれています。もちろん、その多くは、スタイルとして、縛ったり、淀腸したりといった、ライトな部分にとどまっています。もっと細かいことを言えば、近年になって、もはやアダルト動画の定番として欠かせなくなった電マ電動マッサージャーを使って、拘束した女優を責める、というのがひとつの定番として定着していますが、これなどはSM的ではあっても、実際にはただセックスの時にバイブレーターなどの道具を使うのと変わりませんので、SMかどうかは難しいところです。それでも、全体にSM的な表現が圧倒的に増えているのは事実です。というより、全くSM的な部分がない作品の方が、割合的には少ないでしょう。アダルト動画の世界においても、もはやSM表現はあたりまえと言っても過言ではありません。
まー、男ってのは男性ホルモンバリバリならば、基本的にそういう傾向が好きなので、欲望と下半身に忠実なら、そういう作品が増えるのは、当然のことと言えます。アダルトグッズでも、もはやSMグッズの数は他のグッズにひけをとらないほど多数あります。では、ここが重要なのですが、現実に目を向けてみたらどうでしょうか?別にカップルや夫婦というのは、普通セックスしてますとは公言しませんが、ある程度つきあいの長いカップルや夫婦なら、周囲の人に『ああ、あの人たちはセックスしてるよな』と無意識に認識されているのが普通です。けれど、カップルや夫婦を見て『ああ、あの人たちは毎日SMしてるよな』なんて思う人間は、あんまりいないと思います。思うとしたら、その人は相当にエロエロ魔人です。
今なら、親しい相手や、お酒の席で私はSかな私はM系だからぐらいのことを冗談半分的なニュアンスでなら言ってもOKな風潮は出来ていますし、テレビなんかでもそういう会話は見られますが、もし、真面目な席で、真面目な顔して、真剣に『私はドMです。
鞭が大好きです』と言えば、たいていの人は、ヒクか、反応に困ると思います。真面目に受け取ってくれるのは、ごく一部の人だけでしょう。恋人とセックスしていると他人に分かられていても、それは普通のことなので問題はないと思いますが、SMしていると知られていたら、かなり接し方に困ると思います。もし、真剣に交際している恋人がいて、MなりSなりの性癖を自分が自覚していて、相手に隠しているとすれば、それは、なぜ隠すのでしょう?そして、もし話そうとすれば、勇気がいるのではないでしょうか?ヒカれたらどうしよう、嫌われたらどうしよう、と思うから話せないのでしょうね。でも、もし、それがごく『普通』のことだったら、別に隠す必要も無いし、話しにくいこともないでしょう。それは、なぜでしょう?
隠す、話しにくい、というのは、つまり、SMというものが、一般人の認識としては、『普通』ではないからですね。私は、妻とはSMカップルなので2人の間では問題ありませんが、それでも親にはSMしていると知られては困るし、もし、私たちが死んだら、家にゴロゴロしているSMグッズを人に見られるのは、大変困るなあ、といつも思います。
愛撫されている気バストとヒップを同時に愛撫できる

彼女は太客が見つけられなかったということでもある

一般社会の状況というのは、今でも、そういうものです。こういう現状で認知されている市民権を得ているというのは、果たして正しいでしょうか?余談ですが、『インターネットは社会の代表や縮図だ』と見る人間もいますが、このことを見ても分かるように、実はインターネットの風潮は社会の風潮とはほとんど無関係です。
インターネットの風潮は、社会のごく特殊な一面を濃縮した形で表している、というのが正しいと思います。私は正しくないと思います。現実の抑圧とにかく、現実は、20年前とそう変わっていません。相変わらず、本質的なところで、SMはアンダーグラウンドであり、マイナーなのです。本文の他のところでも述べていますが、性的なことは、思春期や成長過程において、映画や小説や漫画などで、(性表現の)受け手に対して『非常に濃い刷り込み』が起きるからこそ、その性表現に固執し、こだわる性質が生まれていくのです。そうした人々が一定数いて、そのジャンルの文化が形成されます。かつてのSMは、そうでした。これは音楽文化にしろ映画文化にしろアニメ文化にしろ同様なのですが、一種の察明期、言い換えると『情報量が少ない時代』にこそ起きる現象で、それは何故かといえば、選択肢がそれほど多くないために、皆が同じ情報に乗っかる、皆が方向を向くことになるからなのです。
ところが、現在のようにインターネットが普及し、情報が過多になって切り捨てることが重要になっている時代では、こうしたムーブメントは起きず、逆に、形骸化していくことになりやすくなります。今現在、『SM』というのが、ステレオタイプな表現が目立ち、表層だけを撫でてスタイルだけをマネしているように見える、明らかに、普及どころか、むしろ形骸化しているようにさえ見える、退化しているように思えることが多いのは、こういう理由によります。
ある意味では、本質的にはむしろアンダーグラウンド度合い、マイナー度合いが上がっている、とさえ言えるかもしれません。だからこそ、前述のように、自分の性癖に気づき、一歩を踏み出そうとする人には、勇気がいるのです。その暗好は、社会では『普通』ではなく『特殊』だからです。そして、社会的な認知からすれば、それは単に特殊なだけではなく、『変態』だとかいうレッテルを貼られる可能性を秘めている、すなわち、『異常』なのだという認識が、多かれ少なかれはあります。そして、自分自身がその社会の一員であるということは、かなりの確率で、自分自身も自分の性癖を『異常』だと感じる、おかしい、変態、と感じる、そういう部分が無意識レベル、意識レベルどちらにせよ、多かれ少なかれあるから、うしろめたい感じがしたりするのです。

体位を変える最中も膣内
風俗行ってたなんて

ご執心の様で過去に美形の愛人を何人か囲っていたのを僕

ピストン運動をするいやあああああああつしなんと後ろから私のお尻SMが好きということを知られると、まるでその人の人間性までが疑われるようなところが社会にはありますし、まるで淫乱(この場合の淫乱とは、貞操観念がなく、誰とでも寝る人間のことをいいます)かのようなイメージまであります。ですが、常識的な倫理観や価値観と、SM階好は全くの別物です。
例えば、日常生活は極めて真面目で決してそれは偽りではない、でも、実は性的にはそういう行為に非常に強く惹かれており、誰にも明かせず、悩んで苦しんでいる。誰か、自分と同じような異性がいて、愛し合えて唯一無二のパートナーになれたらいいのに、と思う女性は、意外とたくさんいるでしょう。それでも、多くの女性は、自分に素直な道を取らず、たいていは欲望を我慢したり、欲求を押し殺したりして、結婚したりするのではないでしょうか。
実際、SM系の出会いで、不倫が多いというのは、結局のところ、多くの場合、今の夫や恋人とは、SM行為が出来ない、性癖を理解されていない、性癖を話すこともできない、などという関係だからで、そこに至るまで、自分に素直な道を取らなかった人が多いというのは、要するに、それだけ『困難』で『大変』だからです。誰かと知り合って、恋愛すれば、行き着く先がセックスであることは自然な流れです。でも、誰かと知り合って、恋愛して、全く性癖を話し合ったこともないのに、始めてホテルに行って、エッチをすると自然とSMになる、なんてことはありませんよね?普通は、何か『困難』を乗り越えないと、SMには行き着かないのです。SMがそういうものだからこそ、多くの人々は、避けて通ります。
さて、なんだか、のっけからややこしい認識の話をしました。『なんでいきなりそんな話やねん!』とツッコミを入れられる方もいると思いますが、ここで言いたいのは、要するに『正しい認識を持とう』というこ
とです。
なぜ、そんなことを重視するかというと、まず、そこの認識を正しく持たないと、色々と問題が起きるからです。こういう困難な道を通るには、まず、そこにある問題点をよく理解しなければなりません。自分の中にある心理的な問題点はもちろん、いろんな意味で、問題はたくさんたくさんあります。たとえば、多くの一般人は、インターネットにある種のリアリティの欠如を感じています。
だから、現実世界では慎重な人でも、ことネットを使うと、極めて無防備になりやすくなります。たとえば、特にSMに限りませんが、まず『ネットで出会うことの危険性』というものを、キチンと理解しておかないと、時に大変なことになりかねません。その上、SMなら、たとえば、その『性癖』を会社や知人にバラされたら、単なる不倫をバラされるよりも、ずっと、心理的には恥ずかしく、かつ、重大なことになるでしょう。写真付きで住所を公開されるなんてことも、ないわけではありませんし、ぶっちゃけ、なんちゃってSには馬鹿が多いのでこのへんは後述します、PCのセキュリティ管理も不十分なことが多々あります。

セックスしてるって

おまけに馬鹿なので、彼らは結構簡単にウイルスに引っかかりますので、写真が流出、なんてこともあるのです。みなさんもご存じの事件だと思いますが、本書を執筆中に、ある少女が昔つきあっていた男性から殺害される事件が起きました。
メディアは彼女がタレントの卵だったことから悲劇としてとりあげました(これは「タレントを夢見る少女が夢半ばで殺害された」という悲劇ストーリーにしたいメディアのでっちあげで、実際にはすでに充分タレントでした)。この事件は、テレビ報道では悲劇扱いされましたが事実悲劇は悲劇ですが、ネットでは別の理由で、大きな話題になりました。その理由とは、メディアで語られなかった彼女の裏の顔が壮絶だったからです。実情を知ると、感想は複雑になるのですが、それはさておき、彼女はネットで知り合った多くの男性との性交の様子をビデオや写真に大量に撮影していました。自画撮り(自画撮りとは自分で自分のエッチな姿を撮影すること)も大量にあり、押収されたスマホの中はその手の写真や動画で溢れていたそうです。彼女の無修正の写真や動画は今でもたくさんネットで出回っていて、見られる場所にいけば見られます。この事件を巡るモラルをどうこうするつもりはありはありません。
ここで言いたとがありえる、ネットをあまりに安易に安直に捉えすぎると、そのような事態になりかねない、ということです。名指しは避けますが、ネットでプライベートとはつまり、恥ずかしいもののことですの写真や動画が流出したため、人生がおかしくなった人の事件は、他にもたくさんあります。死んだ後も、恥ずかしい動画や写真はずっと残り、世界中から見られるのです。これは信じられないほど耐えがたく恐ろしいことでしょう。私が昔つきあっていた女性の話ですが、過去に別のご主人様と出会って調教されたところ、その男がどうしようもない馬鹿で、勝手に彼女の調教写真をネットの掲示板に投稿していたことが分かり、ずっと精神的な傷を負って苦しんでいました。
大事なのは、『性的なことは昔より逢かにオープンになってきているが、そのぶんリスクも増している』ということ、それに加えて前述のように一見、ネット社会ではSMは極めてポピュラーになっているし、まるで『普通』のように見えるが、現実はそうではないというギャップがあることです。
こういう状況で、男が、どんな馬鹿な勘違いをしているか、あるいは、どんな考え違いをしやすいか、どういう認識でいるのか、どんな軽率な行動を取るのか、などなど、そういうことが分からないと『いったい何がどう危険なのか』を理解できません。私は、ここで、てしまう、ぐらいに、ひどいことになるこ永遠に恥ずかしいものが世て、そのように、遂げた蛇足ですが、危険性は女性にだけあるわけではありません。M女性と知り合ってみたら、相手がとんでもない女だったということだって、当然ありえるわけです。男性のプライベートな情報を相手に知られてしまえば、社会的地位を一瞬でぶち壊される危険もあるわけで、これはかなりリスキーです。


愛撫されている気バストとヒップを同時に愛撫できる セックス以外の場での二人の関係性特 風俗界に君臨する