セックスが多かったですね

股間がずきりと反応することにわきの下の入口
風俗店経営にどれだ

私自身も、女性と出会うときは、そうしたリスクを考えていつもドキドキして恐怖感を感じていましたが、男性が主導しないと意味がないので、リスクを覚悟して、積極的にプライバシーを明かすことで、安心して貰えるように努力していました。SMの出会いは、ある程度トレードオフリスクを犯さないとリターンが得られないなので、仕方ありませんが、常に心がけは慎重であるべきで、安易な行動は避けるべきだということです。私は、もし、あなたにSMの欲求があるのであれば、ぜひとも、その心に素直になって、性癖を共有できるパートナーを探して欲しいと思います。
そのほうが、ずっと幸せになれることは、間違いないと思うからです。ですが、その道は、困難であることも、きちんと理解しておかなければなりません。そういうことを理解しないで、安易な気持ちでネットでパートナーを探すと、しばしば、辛い思いをすることにもなりかねず、時に、立ち直れないほどの心の傷を負うことにもなりかねません。本気で恋愛の延長上のSMを求めるのであれば、普通に恋愛して、普通にノーマルなセックスをするより、ずっと大変な道を歩むことになるのは、覚悟しておくべきでしょう。しかし、だからって『そんなに大変ならやーめた』と思わないで欲しいのです。
最初から脅しているように聞こえるかもしれませんし、萎縮してしまうかもしれませんが、私は、ただ現実を正しく認識して言っているだけです。欲しいと
危険を理解しておかないほど、愚かで危険なことはありません。治安が悪くて危険な国に行って殺されかけて、知らなかったでは通りません。それは自分が悪いのです。危険な国に行くなら、その危険性はちゃんと把握しておくべきです。それでも、なおかつ、道を歩き始めることが、肝心です。よく考えてください、本当に、やめるほうが楽でしょうか?自分の性癖を隠し、欲求を隠し、抑え、その状態で夫や恋人に隠して、ずっと生きていくようなことが、本当に楽でしょうか?むしろ、よほど苦しいのではないでしょうか?確かにSMという性癖を自分自身で認めるのも困難だし、詳しくは後述しますがネット社会で自称SがほとんどなんちゃってSである状況で、パートナーを探すのは、困難を極めます。
しかし、一度、馴染めるパートナーができれば、非常に心は楽になるはずです。もちろん、普通は二人の性癖を世間に言うわけにはいかないので、二人の間だけの秘密になります。隠し続けるのはしんどいですが、そのぶん、自分をさらけ出せる相手があるというのは、とても楽でそんなにラクチンだというのは、幸せなものだと思います。あり、人生で

SMという言葉の罪

SMという言葉が持つ問題

さて、これから先、SMについて色々と個人的な見解を述べていくわけですが、まず、最初に述べておきたいことがあります。のっけから否定的で、『おいおいそりゃねえだろう』的なカンジですが、まず、これをよく読んでください。当サイトでは、便宜上『SM』という言葉を使っていますし、今後も使っていきます。

風俗店を利用して引き抜く行為をしたりすると痛い目にあいます

その理由は、単に、SMという単語が共通言語で、何かの単語で形容しなければ他人に通じないから、という、非常に消極的な理由によります。本当は使いたく無いのですが、『ほら、あの、縛ったり叩いたりするあの、ロウソク垂らしたりするアレ』とか毎回言ってると、馬鹿みたいでちっとも話が進まないので、シンプルにSMと呼んでいるだけです。はっきり言って、私はSMという単語はキライです。なぜかというと、SMと呼ぶことで、その行為が『ある種の特別な行為』、つまるところ『普通のエッチとは違って、なにやらアヤシゲじゃん、どろどろしてんじゃん』という定義になってしまうからです。
SMというのは、定義です、観念であり、イメージです。その定義は、要するに『普通のセックスとは違う』という差別化の定義です。SMという言葉は、オーストリアの精神医学者リヒャルト·フォン·クラフト=エビングという人が名付けたものからきています詳しくは後述します。もし、SM的な行為が、ごく普通のセックスの一部だとみなされていれば、特殊な名称などつかなかったか、あるいは、ついてもシックスナインのような、前戯に含まれる行為の一部としての名称になったでしょう。
彼がそのように、わざわざ分類したというのは、つまりは、それが普通の愛の行為ではなく、異常だからという認識だったからです。むろん、現代では、SMは異常性愛であるとはみなされませんが、そのような方向の定義は、今でも、ある程度は生きています。『異常』とまでは言わなくても、『SMの社会的認知度』で述べたように、多かれ少なから、SMは特殊な行為と無意識に認識されているのです。そこが問題なのです。私は、SMとは特殊な性行為だとは思っていません。自然な行為だと思います。全然特殊じゃなくて、あたりまえのことなので『だってな~、こーいうことをやったって、あーいうことをやったって、セックスはセックスじゃん、どれも普通だろ?』ってカンジです。ところが、そこにSMという定義をハメたとたん、ハッキリと特殊な行為になってしまいます。
こういう単語は、『ただの言葉じゃないか』と言って片付けてしまう人もいますが、申し訳ないけど、そういう人は、人間という生き物の機能がまるで分かってません。物書きなら言葉の魔力をよく知っていますが、名称は『定義』であり『観念』であり『認識』です。こういったものは、実に、馬鹿にならないのです。言葉ひとつで全く受ける印象が異なってくるし、人間の行動を制御し、時に誤った行動さえ起こさせるのです。べんぎじょう少し、難しい話をしましょう。おべんきょの時間です。経済学を勉強したことがある方ならご存じでしょうが、みなさん、そうだというわけでもないので、簡単に言いますと、古き良き経済学は、人間の合理性を基礎においています。

股間に上から手を伸ば

要するに、人はおおむねでは、常に論理的に正しい選択をする利益が最大になるように行動する、というものです(効用の最大化などといい、その理論は期待効用理論なんてコムツカシイ言葉で呼ばれます)。
そこで、『いやいや、人間、そんな合理的じゃなくて、年中間違ってるよ。でも、その間違い方には、一定のパターンがあるんじゃない?』と考えたカシコイ人がいて、まあ、この人たちは、ぶっちゃけ、私のヒーローなんですが、エイモス·トヴェルスキーとダニエル·カーネマンと言います。この2人は、まず、その『人間の誤るメカニズム』を実証的に解き明かして、そこから答えを導こうとしました。カーネマンはこの理論でノーベル経済学賞を受賞していますが、残念ながらトヴェルスキーはその前に他界しています。聞いたことある人もいるでしょうが、この仮面ライダー1号2号のようなコンビが考えた経済学を行動経済学と呼び、そのメカニズムを必殺技みたいに『ヒューリスティックス』と言いますが、そんなのは別に覚えなくてもいいですところで余談ですが、テレビニュースさえノーベル経済学賞をノーベル賞であるかのように報道していますが、ノーベル経済学賞は『ノーベル賞にのっかってノーベルの名をつけた賞』なだ
けで、実はノーベル賞ではありません。
正式には『アルフレッド·ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞』といい、ノーベル賞の公式サイトにはちゃんとノーベル賞ではない旨の説明が書かれています。『(ノーベルの意志に反するので、このような賞を設けることに)ノーベルは墓の下で激怒しているだろう』と述べるノーベルの遺族もいます。行動経済学には、フレーミングという概念があります。フレーミングというのは、言葉のとおり、人間は、高い豪華な額(フレーム)
に入っている絵画は高い絵画だと思うが、安いフレームに同じ絵が入っていると、絵そのものも安いように感じてしまう、などという風に、フレームによって対象の価値観などまで左右される、人間の固有のおかしな機能を言います。人間固有の、と書いたのは、犬や猫は、餌が豪華な器に入っていようが、貧相な器に入っていようが全く気にしません。豪華なIIⅢの方が高級料理に見えてしまうなんてのは、人間固有の馬鹿な機能だからです。人間にこのような機能があることは、多くの実証実験で証明されています。いわゆる鑑定の専門家なんてのが、実はほとんど役立たずなことも、はっきりと証明されています。フレーミングの実例をたくさんあげると、すごく面白くて、本が一冊書けてしまうぐらいなのですが、話が長くなるので省略します。ちょっとだけ例をあげると、世の中にゴロゴロしている『アンケート結果の統計』というものは、実は全く信用できません。
その理由は、設問のフレーミングによって、いかようにも答えを導けるからです。なんでこんな話をしてるか、分かってきましたか?そう、SMという言葉も、フレーミングの代表例だからなんです。フレーミングによって、特定のイメージを固定化されているわけです。こう考えたら、分かりやすいでしょうか?もし、あなたが『さあ、これからSMをしよう』と意気込んでいる、と想像してください。あなたは、何をしようと思いますか?あなたの思考は『SMだから、こういうことをしなければ』と無意識にでもなるはずです。縛りでもロウソクでも鞭でもいいですが、何か、あなたの持っているSMのイメージ、SMに定議されることをしようとするでしょう。
風俗店が混在しているところもあれば

公娼政府から公的に営業を認められた売春婦のこと拘束プレイ

逆に言えば、そういう行為をひとつもしないと、『こんなのSsMじゃないな』はっきりとSMというフレームによって、行動を制御されていと思うはずです。です。これちょっと極端な例をあげれば、もし、同じ行為をしていても、SMという呼び名ではなく、もっと新しい、何か違ったポジティブイメージを喚起するような単語(フレーム)を与えれば、ひょっとするとSMはいきなりポビュラーになるかもしれませんし、社会的に認知されるようになるかもしれません。『そんな馬鹿な。
極端すぎる』と言われるかもしれませんが、行動経済学を勉強すれば分かるように、世の中には、『フレームー枚かけかえただけで、がらりと変わった』という、そんな極端で馬鹿馬鹿しい例が、歴史上、ごまんとあるのです。行動経済学における人間のエラー機能を勉強すると、SMプレイに使えるものがたくさんありますので、一度、本を読んで見るといいいですよ。行動経済学は、実際には我々が日々体験している奇妙な行動の要因を解き明かしているだけですから、素人が読んでも充分面白いです(ただし、カーネマンの講演論文集ダニエル·カーネマンを監修した友野典夫氏が書いているように、日本の書籍の中には、学者が書いた本でも『行動経済学を正しく理解していないものが多い』ので、注意が必要です)。
なお、蛇足ですが、フレーミングと並ぶ重要な概念アンカリングもSMの問題には関連していますが、なんかコムツカシイ話が長くなるので、ここでは省略します。心理と経済を語るSMも何も、普通のことです男には、普通、征服欲や独占欲があります。そして、本来なら、まともな探求心を持ち合わせた人間であれば、『女性にいろんなことがしてみたくなる』のが『普通』だと思います。私は、それが、オスの性質だと思います。そして、その欲求は、愛情によって強くなります。好きになればなるほど、自然にその欲求が強くなりますから、当然、します。だから、それは私にとって『普通』の性行為であり、なんだか、特殊化される定義をハメられることが、不愉快でもあります。
『俺は、こんなことやあんなことするのが好きなんだよ~』って普通にしてて、あとから考えたら『ああ、よく考えると、これは世間でSMと呼ばれてるジャンルのものだなぁ』、と思ったぐらいです。
実際、最初の頃にSMという言葉を意識して、そういう行為をすることはありませんでした。
まあ、俺は、俺なりの愛情表現をしてるだけだもん、世間が何と呼ぼうが、そんなことカンケーないもん、俺は俺だもん、他の人なんかどーでもいいや、ってことなのです。たまたま、好きな行為がSMという世間の定義に合致してただけのことですが、共通言語で言わないと通じないので、普段はSMと呼んでます。問題は、私の中でのその行為が、『愛情』の延長線上にあって、自分なりの感覚的な捉え方があります。そしてまた、世間一般で言うところの、SMという単語の固定観念、固定化したイメージのようなものが自分の中に存在します。
その両者は、基本的にやる行為は同じです。けれど、やる行為は同じでも、『私個人のそういう感覚』と、『社会常識としてのSMという単語のイメージ』にはギャップがあるのです。だから、『SM』っていう呼び方はちょっと違うなぁと感じます。例えば、もしも、私がやってることを他人が見たとして、それをあっさりSMしてる~の一言で片づけられると、なんかちょっとムカつくかな?って感じなのです。さて、今度はM女性に目をうつしてみましょう。女性にとっても、また、別の固定観念の問題があります。その問題とは、まあ、SMという定義と同じというか、その中に含まれるのですが、要するに『M』という定義(フレーム)です。

風俗の基本に関する風俗で遊ぶ男性
デリ嬢の乳首の下の根首にかかった帯締めも取り元に完全に突き刺さっていて

幸せに暮らせると言

セックスの時に頭の中で再生人妻風俗嬢はヴァギナによる究極のエクスタシささやくように控え目私は、ほとんどの女性はMだと思います(私の尊敬する学者のナシーム·ニコラス·タレブは、本でほとんどと書くと、読者は必ず『全て』と誤読するという趣旨のことを述べていますが、私も長年のライター経験から全く同感です。
あくまでもほとんどです)。これは男性がそうであるように、遺伝子に刷り込まれた本能だと思います。当然、異論がある方もいらっしゃると思いますが、ここでは、思想的に異なる、論理的な反論は別として、感情で反発する人のことを考えます。さて、こういうことをでも、なぜ怒るのでしょうか?。それはそのMという定義が『変態』であるとか『淫乱』であるとか、『男に服従するから男より下だ』といった、悪い意味を持つ定義、要するにマイナスイメージを持つフレームだからです。そこが問題なのです。要するに、自分がMだという事実を素直に受け入れられない女性、SMに興味があるのに、簡単に第一歩が踏み出せない女性というのは、Mという固定観念、『定義』がそのような意味を含むから、『私はMなのかしら、変態なのかしら』と、劣等感や自己嫌悪、自己否定を抱く原因になっているのです。普通の健全な女性であれば、性欲があり、好きな男性とセックスするのは『普通』とみなされます。もし、Mという定義が、それと同じ『普通』という意味なら、何も悩む必要はないはずで、ごく自然に、恋愛の延長上として、SMできるはずです。
端的に言えば、Mであることに悩むことは、ここまでは普通で、ここから先は異常、だという線引きを自分の中に持ち込んでいることになりますが、そのMの定義というのは、自分が決めたものではない、それがまた問題なのです。インターネットが、本が、TVが、これはSMだと言っている、だからこれはMだ、という風に、外部情報によって定義されたものに過ぎないのです。マスメディアが性的なことをネタにするのにおいて、その時々に都合よく規定されたものに過ぎません。その定義というのは、実は全く無意味で、全く実体がないもので、コロコロと内容が変わり、信用するに値しません。
おそらく、私が抱いているSMのイメージと、これを読まれている20代の女性のSMのイメージでさえ、相当に違うと思います。それは、生まれ育つ過程で触れてきた、メディアが提供するSMのイメージが、今と数十年前では全然違うからです。
従って、そういう暖味で無責任なものをベースにして自分の中に定義する、という行為自体が全く無意味であり、それをベースに悩むことも無意味なことです。色んな趣味があって、色んなことをするのが好きな人がいて、でも、普通、自分が他人と違う趣味を持っているからといって、非難されることはありません。なぜ性的なことだけ、うしろめたく感じなければならないのでしょう。自分は自分、人は人です。そう考えられるようになったら、だいぶ、気分は楽になるでしょう。
こん、ふざけんじゃな~わ、『偏見だわ!ぶん』と怒る女性もいると思います。Mであることは、普通は世間に公にできない暗好です。
公にできない晴好を持っているから人と話しにくいとか、隠すことで悩むのと、それを自分の中でもマイナスに定義して悩むことは別物です。むろん、しかし、
おそらく、本当に良いSMを体験している女性は、少なくともMであることを自分の中で悩むことはないと思います。それは、Mであることが世間で思われてる表面的なイメージとは違いステキなことだということを知っているからです。そしてなにより、他人は理解しなくても、全て理解してくれるご主人様が一人いてくれれば、それで良いでしょう。というわけで、まあ、要するに『SMという単語はしょせんそんなもんだよ、深く考えんなよ』、っていうことです。でもって、『しょせんそんなもん』なんだけれど、同時にまた『大きな問題を含んでいる』のです。と、まあ、そういうことを、よく把握し、理解した上で、今後SMという単語を読んでいって欲しいと思います。ちょっとついでに違う話をしますが、同様の理由で、私はSMプレイプレイという単語が嫌いです。

フェラしてくれた優子ではなくすぐ横

この言葉を日本語に訳すと『遊び』になりますが、要するに、この単語は、遊びの性行為というか、非常に軽い印象を与えます。
お遊び的なSMを感じさせるので、恋愛の延長上にある本気のSMには似つかわしくないと感じるからです。些細なことのようですが、繰り返しになりますが、言葉とは『定義』であり『観念』であり『認識』です。同じ行為、出来事、物事を意味していても、言葉が違うだけで、全く異なる感覚を人に与えるので、非常に重大な話なのです。お勉強ですもう一度、さきほど、フレーミングの話をしました。フレーミングの例は省略する、と述べましたが、ひとつ代表例をあげてみます。マーケティングにおけるフレーミングの代表的な成功例が生命保険であると言われています。こうした『今は当たり前のようにある』ものなので、我々はそれを当たり前だと思い込んでいるけれど、実は昔はそんなに『当たり前ではなかった』というのが世の中にゴロゴロしているのです(制度上のこうした話を読みたければ、ロバート·J·シラー著新しい金融秩序がお勧めです。
余談ですが、この本を執筆中に、ロバート·シラーはノーベル経済学賞を受賞しましたので、日本でもかなりメジャーになりました)。車輪(タイヤ)が普通にある今は、車輪がない世界なんか想像できませんが、『車輪は人類最大の発明である』と言われるように、車輪が発明される前は、車輪は全く当たり前ではなかったのです。生命保険という言葉、今では我々は当たり前の単語と思っていますが、ちょっと冷静に考えると分かるように、生命保険は、普通にダイレクトに考えると、生き返ったときに出る保険、でも、生まれた時に出る保険、でもなく、死んだときに出る保険だから、『生命』保険という名前はおかしいですよね?
普通に考えたら、『死亡』『死』保険ですよね?ていました。普通に考えれば、そうなりますから、誰も『生命』保険なんて変な名前は考えません。しかし、保険の概念の浸透度の低さと相まって、この保険は非常に普及に苦労したそうです。ば、死というのは、非常にネガティブなイメージだからです。そんなネガティブの極みみたいなものに金を出そう、なんて人が、ほとんどいないのは、想像に難くありません。そこで、カシコイ人が『じゃあ、ボジティブなイメージにすり替えてしまえばいいじゃん』と考えました。頭をひねって『生命』というポジティブな単語を与えます。これは死というネガティブなイメージを、生命というポジティブなイメージにすり替えた、まあこういのは一種の名称詐欺なんですが、こういう詐欺は別にマーケティングでは珍しくなく、普通のことです。


風俗店が混在しているところもあれば 風俗の女のコに入 風俗の女のコに入