ペニスを手に持つとああ…

それのほうが女性は、きちんとしたから出てきたら、マッサージ師にマッサージをしてもらうという感覚を持つ。

うつぶせでの

美容マッサージうつぶせで始めるマッサージはベッドの上で行なう。オイルマッサージをするので、多少オイルがまわりについても大丈夫なように、ベッドのふとんの上に、バスタオルを2枚ほど女性の身長ほどの長方形になるように敷く。ちょうどその上に女性がうつぶせになって寝られるようにだ。腹ばいに寝てもらうので、枕は取りのぞく。頭の部分に枕を置くのではなく、ぼくの場合、枕はむしろ女性の腰のあたりに一つ置く。女性の腰のあたりに枕がその上にバスタオルがかかっていて、その上に女性がうつぶせになる格好だ。だから女性の腰や陰部は枕のために10センチほど高い位置にあげられる。
これは性感マッサージの効果をあり、高めるためである。
「ここが腰、ここが頭で、うつぶせになってくれますか」と言ってそこに寝てもらう。結構、大胆な格好ともいえる。しかし暗がりの中だし、まだ浴衣を着た状態なので、このとき女性は「いよいよ美容性感マッサージがという期待感、好奇心を持つようで始まるんだな」ある。なぜ、うつぶせで始めるのか。マッサージは、背面から始めるのがいいからである。もし仰向けで始めてしまうと、女性はすぐに集中できない。目をばっちり開けて、一体何をされるのか一部始終を見ているかもしれない。余計なことを考えてしまうだろう。けれども、うつぶせで顔を下に向けていると、女性は「一体どんな快感が始まるのだろう」
「どこから気持ちよくなってくるのかな」
など、いろいろ好奇心や期待感を持つようになる。快感が始まると、自然に目を閉じ、官能の世界に集中できるようになる。マッサージは脚から
マッサージは足、下脚、さらに、ももへと進む。基本的に最初の15分か20分くらいは、性感マッサージではなく、オイルを使った美容マッサージを施すとよい。オイルを肌に塗り込みながら、女性が男性の手に慣れるのを待つ。つまりこの当初のオイルマッサージは、性的興奮を目指すものではない。最初から性的興奮を目指してはいけない。
男性の手に女性が慣れてもらう時間が必要なのである。エステティシャンがするように、身体をほぐす快適なマッサージを女性の体に施してあげることが大切だ。まず、うつぶせになった女性の脚から、オイルを塗り始める。マッサージは女性の陰部から遠い部分より始めるのが基本だ。遠いところから始め、だんだん陰部へと近づいていく。はじめてその女性の身体に触れるわけなので、下脚=膝の下あたりから始めるのがよい。優しくていねいにオイルを下脚の筋肉あたりから塗り始めていく。筋肉を軽くもみほぐしながら、オイルを塗り込んで行く。また足の裏には、ご存じのようにいろいろ指圧のツボが並んでいる。そこもオイルをつけながら、ある程度の力で指圧してあげる。しかし指圧が目的ではないので、指圧師がするよりはずっと軽い力で行なう。
痛くない程度の軽い指圧で足の裏をもみほぐしてあげる。リラックスさせるのが目的なのである。どれも何十秒か、ある程度、心地よいだけの時間をかけるとよい。足の指も、そらせたり、折り曲げたりして、もみほぐす。指の間に男性の手指を入れて指に刺激も与える。また足の指を一本一本引っ張る。関節を伸ばすためだ。一方の足が終わったら、他方の足についても行なう。蒸したバスタオルを女性の体にかけてあげる女性の足にマッサージを開始してから何分か経過したのちに、蒸したバスタオルを用意し、体にかけてあげるとよい。これは必須ではないが、女性をリラックスさせるのに効果的だ。また女性の性感を高めるには、体を温め、血行をよくすることがとても大切である。

エッチの可能性が高そのために蒸したバスタオルは確実な効果がある。
体が温まり、血行がよくなることが、性感マッサージの効果を何倍にも高める
からだ。
「ホテルにいて、どうやって、蒸したバスタオルを用意するの?」と思うかもしれないが、ラブホテルだと、たいてい部屋に電子レンジがある。それを使えば簡単だ。バスタオルを水にぬらし、普通にしっかりしぼって電子レンジにいれ、500~600ワットのものなら2~3分温めれば、できあがりである。足にマッサージを開始して何分かすでに経過したときが、蒸しバスタオルをかけるタイミングとしていいと思う。どうしてかというと、マッサージ師はすでに女性の足にふれ、女性はマッサージ師の手の感触を感じ始めている。そのときなら、女性が着ている浴衣を取り去って、蒸しバスタオルを体にかけてあげることにも、抵抗が少ない。電子レンジで蒸しバスタオルができあがってきたら、女性の浴衣をぬがせ、蒸しバスタオルに交換する作業を行う。それは次のように行う。まず浴衣の紐を解く。
「すみません、蒸したバスタオルをおかけしますので、身体を向こうに向けてくれますか」と言って、横になった女性に向こう側を向いてもらい、まず浴衣の止め紐を解く。そののち再び、うつぶせになってもらう。
止め紐は解かれているが、まだ浴衣を着ている状態である。そののち浴衣から手を出してもらう作業である。浴衣のすそを男性が持ち、手を抜いてくれますかと言って、浴衣の袖から手を出してもらう。そうすると、浴衣は女性の背面に乗っかっているだけすみません、の状態になる。すぐにでも取り去ることができる形である。こののち、蒸したバスタオルを手にとり、それを広げて、タオルの温度をみてみる。一番大切なのは温度である。女性の体にかけたとき、熱いけれど気持ちがいいと思えるような温度が一番いい。
熱すぎても、だからマッサージ師は、自分の両手の上に蒸したバスタオルを広げ、温度を確かめながら、熱すぎれば少しさますのでぬるくてもいけない。ある。ちょうどいい温度と思えたら、片手で女性の背面に乗っている浴衣を取り去り、蒸しバスタオルを女性の背中から、ふともものあたりまでかけてあげる。ああ、気持ちいいと女性に言ってもらえれば成功である。この蒸しバスタオルをかける直前、女性は素っ裸の状態になってしまう。女性にとっては恥ずかしいと思う人も多いだろうから、素っ裸になる時間がなるべく短くてすむよう、浴衣をとってすぐ蒸しバスタオルをかけられるように配慮する。この作業は、暗い中で行うので、女性の恥ずかしさは軽減されている。

  • 風俗で下着を穿く姿プレイの強要や態度の注意は控えたほうがいいとアドバイスしておこう最近日本人
  • アソコのビラビラ大陰唇
  • 風俗嬢に愛撫してやさしくささやいて安心させる

クリトリスに普通

デリヘル・高身長・たとえー瞬、素っ裸になってしまっても、そのすぐ後に、蒸しバスタオルがかけられるので、女性にはすぐに気持ちがいいという感覚が与えられる。性感を高めるために、この蒸しタオルは、絶大な効果を持つ。とくに女性の腰のあたりをあたためることが大切だ。注意しなければいけないのは、蒸しタオルをかけている時間は5分程度におさめることである。
それ以上かけていると、温度が下がってくるから、5分くらい経ったら、蒸しバスタオルを取り去って、かわいた浴衣を女性の背面にかけてあげる。この蒸しバスタオルをかけている間も、マッサージは続けている。とくにバスタオルから出た部分の下脚部をマッサージする。ぼくの場合、蒸しバスタオルは、全マッサージ中に3回ほど使用している。1回目は、いま述べたマッサージの開始時足をマッサージし始めて少し経ったときである。
2回目は、うつぶせの女性にオイルを塗り終わり、美容マッサージを終えて、これから性感マッサージに入ろうというときである。3回目は、仰向けの女性への美容マッサージを終えて、これから性感マッサージに入ろうというときである。いずれも性感を高めるためだ。一番簡単で確実なのは、この蒸したバスタオルである。血行をよくして性感を高めるために、ローズの入ったエッセンシャルオイルがいいとか、他の方法もないことはないが、
追加のバスタオルは?ホテルに備え付けのバスタオルを、蒸しタオル用に使ってしまうと、シャワーを浴びたのちに使えるバスタオルは1枚減ってしまうことになる。
けれども、たいていのホテルでは、フロントに電話をかけ、「すみませんがあと1セット、バスタオルを持ってきてくれませんか」と頼めば持ってきてくれる。入室直後ではなく、入室後ある程度時間が経ってから電話するとよい。脚へのマッサージを続けるうつぶせの女性に蒸したバスタオルをかけたら、脚へのマッサージを続ける。
上脚=膝の上の腿の部分の筋肉をもみほぐしてあげる。男性の両方の手のひらで、女性の両脚の腿をマッサージしてあげる。蒸しバスタオルが邪魔になるようなら、女性のお尻の近オイルをつけながら、そのとき、くまで浴衣をめくってマッサージを続ける。そのときお尻にはもうすぐ手が届くし、陰部もすぐ近くにあるが、まだ手を出してはいけない。順番をたどることだ。まずは脚の部分をよくマッサージしてあげる。その脚のマッサージが終わったら、蒸しバスタオルをもどして上脚にかけてあげる。もし、蒸しバスタオルをかけてからすでに5分くらい経っていたら、かわいた浴谷衣に交換してあげる。体を冷やさないためである。浴衣を戻すという作業は、ちょっとしたことだが、女性に安心感を与える。男性が性急な者ではなく、「ていねいに私のことを扱ってくれている」という安心感である。また、このあたりのマッサージは黙ってするのではなく、趣味の話をしたり、リラックスさせるような話をしながらマッサージをしてあげるとよい。脚のきれいな女性ならきれいな脚ですねと優しく声をかけてあげてもよいだろう。

セックスをする意味一瞬意味がわからずつぎに手と腕手のひらも軽く指圧マッサージをする
つぎに、手と腕のマッサージに入る。まず片方の腕を横に出してもらい、そこにオイルを塗り込んでいく。腕の筋肉をほぐしながら、マッサージしていく。そして、足裏マッサージでやったように、手のひらも同じように指圧マッサージをしていく。気持ちのよいものだ。
手の指も同様にそらせたり、折り曲げたり、指と指の間に男性の指を入れたりして、ほぐしていく。手のひらも軽い指圧をしてもみほぐしてあげると、引っ張ったり、背中手、腕、背中、肩などを優しくもみほぐす両方の腕、手に対してそのようなオイル背中に入る。浴衣はすでに身体の上にかかっているだけという状態だから、その浴衣を腰のあたりまで下げ、背中をもみほぐしてあげる。マッサージを施したのち、背中の肌にオイルを塗り込みながら、肌を伸ばしたり、しわを寄らせたりする。また男性の両方の手のひらを背中上部に置き、そこに軽くある程度男性の体重をかけたりして、身体をもみほぐす。ただし、痛いほどやってはいけない。リラックスさせるのが目的だから、あくまで軽い程度でいい。背骨のあたりから始めて、背骨から遠い左右のほうへ中の筋肉を軽く押し出すような感じで、男性の手のひらを進めるのも気持ちがよい。オイルを塗っているから、手のひらのすべりもよく、女性の背中へ快適なもみほぐしを与えることができる。腰とお尻
腰とお尻にオイルを塗り込みながら、マッサージする。浴衣を女性の首の近くから背中上部までまくりあげる。腰とお尻がつぎに、見えるようにする。
このとき、女性はすでにかなりの部分で浴衣を脱いでいるので、恥ずかしいという思いがこみ上げてきやすい。しかしすでにオイルマッサージも進んでいて、ある程度男性の手の動きにも慣れてきている。このとき女性の首の近くまで浴衣をめくりあげるのには、じつは理由がある。
浴衣が首のあたりにあると、浴衣が邪魔になって、うつぶせの女性には自分の背中やお尻のあたりが見えない。また浴衣の生地が首や頬に触れることにより、自分が実際はかなり裸になっているという意識を忘れ、一種の安心感のようなものを持つのである。そのうえで、腰やお尻にオイルマッサージをしていく。腰のあたりは、背骨の付け根だから、背中上部にしたときのような男性の体重をかけてはいけない。手のひらで優しくオイルを塗り込んであげる。お尻のあたりは、お肉のところなので、腰よりも強めにマッサージをしてあげてよい。形のいいお尻であれば形のいいお尻ですねきれいな肌だなと、優しく自然な言葉でほめてあげてもいいだろう。たとえお世辞と思われても、ほめ言葉を幾つか言うのは、リラックスさせるために大切なことでただし心にもないお世辞を言ってはいけない。相手の女性のいい所を見つけ出し、それを適切な言葉で、自然にある。ほめてあげることは女性の大きなリラックスをさそう。とくに、ふだん女性が自分の目で見えない部分に対して、ほめ言葉を言うことだ。それを言われると、女性は一種の新しい発見をしたように喜んでくれる。

膣圧でさらに絞りあげようとしてくる

ここでも、まだお尻へのマッサージは、性的興奮をさそうようなマッサージではなく、あくまでもみほぐしとオイル塗り込みのマッサージでここらへんに来ると、女性はすでに男性の手に慣れてしかし、ある。いる。そして性感マッサージ開始への期待が高まっている。微妙なところ近くのマッサージもていねいに再び蒸しバスタオルこのお尻へのマッサージが終わる少し前に、マッサージ開始時に使った蒸しバスタオルまだぬれているを再び電子レンジに入れ、蒸しタオルにする。

女性のうつぶせ状態での美容マッサージが終わったところで、再び蒸しバスタオルを背面にかけてあげるのもよい。これは次の章でみるうつぶせでの性感マッサージへの準備である。体を温め、血行をよくして、性感を高める。

女性は全身が性感帯だ。とくに陰部と胸だが、他の箇所もすべて性感を豊かに感じられる

うつぶせでの

性感マッサージローションを使ってそののち、性感マッサージに入って行く。ここからが、性的な快感をもたらすための施術である。蒸しバスタオルを女性の背面にかけて少ししたら、ふとももにかかっているバスタオルをめくり、お尻のあたりにタオルを上げて、女性の陰部にマッサージ師の手が届くようにする。
女性の腰には、折られたバスタオルが二重にかかっている状況である。女性の片方の左脚を左へ少しずらし、また右脚も右へずらして、股を開いて陰部が見えるようにする。女性の腰の下には枕がはさんであるので、その腰は10センチほど高い位置にあり、そこで股を広げてそののち、いる状態になる。そのとき、すぐに陰部に触れてはいけない。
まず、股を広げた状態で、片脚をひざのところで折り曲げてもらい、下脚の表裏と、足の裏表、腿の内側にオイルを塗り込んで行く。腿の内側にもオイルを塗り込む作業をすることで、女性は、陰部に男性の手が近づいていることを感じる。そうした作業を両脚に対してする。股を広げて腿の内側をマッサージされているので、女性は性感マッサージ開始が近いことを感じている。それはやがて好奇心と期待に変わって行く。こうして「もうすぐ女性の陰部に触れてもおかしくない」状況をつくったうえで、やがて性感マッサージに入っていく。性感マッサージは次のように開始する。まず、ラブ·ローションを適量、手のひらに取る。先ほど述べたように、そのときローションの温度に気をつけなければならない。
女性が冷たいと感じることのないよう、お湯で少し薄めた温めたものを使う。あるいは両手で何分かローションをもみ、体温と同じくらいになるまで手の中で温めることが大切だ。
そののちそのローションを、優しくクリトリスや陰唇のあたりに塗っていく。同時に、指先で優しく触れながら、ゆっくり軽い刺激を与えて行く。決して強くやってはいけない。軽いタッチで、ゆっくり、ゆっくりくすぐっていくような感じだ。優しい波のように、流れるように触れていく。片手は女性の陰部を刺激し、もう一方の手はその周辺のお尻や、ももの付け根あたりを優しく東刺激ローションを塗って行なうので、くすぐったがることはない。最初はとくにゆっくり軽く、その後も決して速する。くやってはいけない。まだこの段階では、男性の指に女性の性感帯を慣らさせるだけである。しかし女性は自分の体内で快感が始まったことを感じている。女性によってはこのときああっ…という声がこのとき、蒸しバスタオルをかけている時間を、やはり頭に入れておく必要がある。5分程度かけたら、かわいた浴衣にとりかえたほうがよい。もれることもある。

アソコもかなり濡れていたのでかき回してやる

乳首と首筋と耳たぶ陰部と足への愛撫
背後から女性の陰部と足を同時に愛撫する陰部に触れ始めてまもなく、男性は、うつぶせの女性の脚をひざのところで折り曲げ、女性の足の裏と甲を男性の手で持って、足の指を男性の口に含んであげる。ふつうこの愛撫無は、女性によっては、くすぐったがられかねない行為でしかし足にはすでにオイルを塗っており、またローションを使って陰部に快感を与えている状態で同時にそれをするので、くすぐったがある。る女性はほとんどいない。女性の陰部を軽く愛撫しながら、この足の指をなめる仕方は、女性に非常な快感をもたらす。
部位というのは、じつは豊かな性感帯でもあるのだ。それを、くすぐったがらせない方法で愛撫できると、じつは猛烈な快感に変わる。ではどうやって、くすぐったい部位への刺ふつう、くすぐったがりやすい激を、くすぐったい感覚を与えずに、性的な快感に変えるのか。それは、陰部を軽く刺激しながら足の指をなめるというように、陰部への刺激と他の部位への刺激を同時にそうすると陰部での快感と、他の部位での感覚が体内で混さざりあい、増幅されて豊行なうことである。かな性感となる。ぼくの経験上、陰部への刺激と足への同時愛撫は、女性にとってやみつきとなるような快感を与える。美容性感マッサージが終わったあとに女性に何が気持ちよかった?と聞いてみると、この足への愛撫をあげることが多い。
またしてねとも言われる。こうした足への愛撫はあまりされたことのない女性も多く、新鮮味もあるのかもしれない。そうした新鮮味のある愛撫から入っていくと、女性はさらにその後の展開に期待と好奇心を抱くようになる。
足の指への愛撫は、ベッドに横になる前にシャワーを浴びているからできることでシャワーを浴びていなければ、足の指をなめることは不潔と思われて、この愛撫はできない。男性がかまわなもちろん、ある。
と思っても、女性のほうできたないからだめよ!と言ってくるだろう。い前にシャワーを浴びていれば大丈夫ですでに足にはオイルを塗ってマッサージをしているので、女性は足を愛撫されることに抵抗感がなくなっている。
しかし、また、ある。女性の足指への愛撫は、一本一本、ていねいに口の中でなめまわして行なう。両足の10本の指すべてに対してそれを行なう。さらに指だけでなく、足の指と指の間を広げ、指と指の間の肌もなめる。これがとても気持ちよい。ふだん触れられることのない場所だからだ。女性の快感はさらに増幅されていく。つぎに、足の親指を口に含んだ状態で、男性の手の指先を使って、女性の脚の様々なところをゆっくりさすっていく。男性の一方の手は女性の陰部への刺激を続けているから、もう一方の手を使って女性の脚却を愛撫するのである。こうして3点攻めの状態になる。女性の陰部、足の親指(足を固定するために口に含んでいる程度で、このときはなめなくてもよい)
、また脚という3カ所への愛撫を同時に行なっていく。
性感マッサージはいつも、3点攻め2点攻めあるいは4点攻めというように複数箇所を同時に攻めるのが効果的だ。1カ所だと単調になるが、複数箇所を攻めると、快感が混ざりあい、様々になるべく変化する快感の波を体内に起こすので、女性は早く官能の世界に酔えるようになる。女性の体は、全身が性感帯である。だから女性の陰部や乳房といった快感の強い場所と、他の部位への愛撫をうまく組み合わせ、快感が全身に行き渡り、幾倍にも増幅されて効果的に高めること同時にしていくと、ができる。


エッチの可能性が高 風俗店が混在しているところもあれば 愛撫されている気バストとヒップを同時に愛撫できる