女子高生風俗嬢さゆりちゃんはどういう備え付けの浴室で下腹部の汚れを落

ぼくは女性が悦んでくれればそれでいいとも思ったが、そのたびに思ったことは女性のエクスタシーの能力はすばらしいということだ。女性は、すごい存在だと思う。あれほど性的エクスタシーを激しく、長く味わってやまない可能性をもともと自分の体の内に持っている。ところがその一方、もう一つ、ぼくがよく思ったことがある。
それは世の中の多くの女性は、そうしたすばらしい性的能力を持ちながら、まだ充分に体験していない場合があまりに多いということだ。社会にはいろいろしがらみがある。だからかもしれないが、性的に解放されていない女性たちがあまりに多い。彼女たちは美しい体を持ちながら、良い愛撫を受けたことがないために、イクという感覚を知らないまま年をとってしまう。あるいはイクことはできても、最高のエクスタシーを味わうことがなく、悩みながら、やがて年をとっていってしまう。実際、そういう悩みをぼくに打ち明けた女性たちが非常に多いのである。ぼくがここに紹介する美容性感マッサージは、そうした女性たちを性的に解放させ、女性自身の持つ性的エクスタシーの悦びを爆発的に花開かセックスや愛撫の中で応用することができる。せる技術である。
この技術は、もしあなたに恋人や妻がいるなら、そのまた、もし美容性感マッサージ師を目指すなら、その施術法として使うことができる。相手が恋人の場合、性感をともなう愛撫にすでに慣れていることも多いだろうし、相手が妻の場合もそうだから、「今日は、君にプレゼントがあるんだ。ていねいに全身に美容性感マッサージをしてあげるよ」と言って、施術を始めてあげるとよい。喜んでもらえる。女性は、男性本位のセックスではなく、女性本位のセックスを求めているものだ。充分に女性に対して前戯と快感を与え、何回かイカせてのち、初めて挿入してセックスをすると、彼女たちは充分な満足を得ることができる。
それを男性が、単に自分がイケばそれでいいなどと思い、すぐに挿入して自分本位のセックスをしていると、やがて女性はもういいわと言って、男性とは会いたくないと言い始めるかもしれない。女性の性感は、長いすそ野をゆっくり登ったのち、山脈の尾根をめぐって何度も何度も様々な山の頂上を越えていくのに似ている。ゆっくり進み、山脈の上に登ったのちも幾つもの頂点が一方の男性はたいてある。急坂をのぼって一回頂点に達すると、あとは急降下だ。い、だから、まず女性に対し、充分な時間をかけて美容性感マッサージを施し、性感を高めて女性をじらしたうえで、そののち女性が快感の山脈の上をめぐっているときに男性も挿入して、一緒に果てるのが幸福なセックスのしかたである。

風俗の女のコに入
美容性感マッサージは女性を性的に解放する初対面の女性でもイカせるマッサージ一方、美容性感マッサージ師としてマッサージを行なう場合は、これとは少し違うやり方になる。というのは、「美容性感マッサージをして欲しい」と言ってマッサージ師のもとに来る女性たちは、ほとんどが初対面だからである。彼女たちは、赤面するような恥ずかしさを乗り越えて、「なんとかイクという感覚を味わいたい」
「何度もイクというエクスタシーを味わいたい」新たな官能の世界を知りたい等と思って、マッサージ師のもとへ来る。彼女たちのうち半分以上は、美容性感マッサージ自体が初めて、という人たちである。
だから彼女たちの恥ずかしさを軽減し、警戒心をときほぐしながら、気持ちのいい世界にいざなっていく技術が必要となる。こうしたことを解説した本は、今までにほとんどなかったと思う。すでに恋人や妻がいる男性のために、「どうしたら気持ちのいいセックスができるか」を解説した本はたくさんある。だが、初対面の希望する女性に性的快感をどう与えていくか、を解説したものは少ない。つまり、これからぼくが説明していく内容は、あらゆる女性に対し-一彼女、妻、あるいは初対面の女性であっても、エクスタシーを知りたいすべての女性に上質な快感を与える美容性感マッサージのテクニックである。だから男性として知っておくと、必ず役に立つと思う。女性は、男性から上質な性感を与えられることを待っている。ぼくのもとに来た女性たちも、そうだった。
彼女たちの中には、「彼氏とエッチはするんだけれど、なかなかイカなくて、イクのは家で電マ肩こり用等の電動マッサージ器をしているときなの」という女性たちが結構いた。電マをすればイクけれども、彼氏とはイカないという。
しかしそういう彼女たちがなぜ美容性感マッサージをしてもらいに来たかというと、男性の愛撫でイキたいと心底思っているからだ。男性の手や口その他でていねいに愛撫され、イキたい、イキまくりたいと思っている。電マもいいけれども、電マは所詮は機械。
そうしたものではなく、ぬくもりのある男性の愛撫でイキたいという。ぼくはマッサージをする中で、極力大人のおもちゃは使わないようにしている(ただし、後述する性感マッサージに相性のいいアダルトグッズは用いることがある)。
たとえ電マなどに頼っても、彼女だから、たちが満足するような最高の性感は決して与えられない。求められれば使うことはあるが、求められない限りは使わないし、使う必要もない。電マなどの大人のおもちゃは、女性が自慰のときに使えばいいものである。男性の身体を最大限に使った美容性感マッサージは、大人のおもちゃ以上に、効果的に女性を快感の極致へいざなうことができる。言い換えれば、大人のおもちゃに頼っているうちは、本当の美容性感マッサージはできない、上質な美容性感マッサージをマスターすれば、大人のおもちゃはいらない。それ以上の快感を与えということでもある。られるからだ。女性を夢中にさせる術美容性感マッサージをしていて、しばしば尋ねられることは「マッサージの最中に本番(性交)

  • 風俗特殊営業店は事
  • フェラが得意な女の子がついた場合はどうなる
  • デリヘル嬢を呼んでみる流れを解説していきたいと思います

勃起力が弱まってくることによります

クリトリスにピンクを求められることはないの?」ということだ。本番を求められることはある。女性にとっても、性感が高まればそれはごく自然な欲求だろう。ただし、「マッサージだけで本番はしないでね」と事前にことわってくる女性も、ときおりいる。そういう女性は、ただ上質で豊かな性感に酔いたいと思って来ているのである。そうした女性の意思は尊重しなければならない。
ここで注意すべきは、たとえ女性の側から本番を求めてきた場合であっても、お金をとって美容性感マッサージをしている場合は、本番行為は売春防止法というやっかいな法律の取締対象となるということである。お金を払う側が男性でも女性であっても、もし不特定多数の相手からお金をとって本番行為をすると、売春とみなされてしまう。ただし法律は不特定多数の場合と規定している。特定の相手たとえば愛人などとの性交は、そこにたとえ金銭の授受があっても、売春とはみなされない。妻や恋人の場合も、もちろん問題はない。だから本番ができるのは、法律的には、特定の相手の場合、また双方に合意がある場合などに限られる。お金をとっていないときや、そうした制約があるものの、ぼくの場合、たとえ本番ができなくても美容性感マッサージを女性に施術してあげることは、じつに楽しい経験だと思っている。
自分の施術を通し女性がめくるめく快感に酔い、「気持ちいい、気持ちいい!」と言って幸せな顔を見せるのは、男性にとっても巨大な快感だ。多くの女性は、もっと感じる体になりたいと願っている。それをかなえてあげるのが美容性感マッサージである。また男性にとって、「自分は女性をエクスタシーに導ける」という感覚は、じつに幸福な体験だ。多くの女性は、好きな男性とのみ本番のセックスをしたいと思っているし、初対面の男性と本をしたいとは思わない。ところが、たとえそのような女性であっても、美容性感マッサージ自体に対しては、たいへん大きな興味を抱いている。
彼女たちは、プロのようなテクニシャンのわざを通して、めくるめく快感を味わってみたい、忘我の快感の極地を体験してみたいと、心ひそかに思っているのだ。一生に一度は、乱れに乱れるような、激しいエクスタシーの世界に酔ってみたいと思っている。
「自分の体はそのような快感を味わえる体なの?」それは一体どんな感じなの?といった好奇心を持っている。

風俗なんかでおカネ恥ずかしくて人には言えないが、心の中ではたいていそのような思いを持っている。女性のその内なる願望をかなえてあげることが、とても大切だ。警戒心を解きほぐしながら、数時間にわたり優しくていねいに施術し、気持ちのよい官能の世界を味わわせてあげる。たいていの女性は終わったのち「ねえ、すると、またお願い」とねだってくるようになる。その女性と仲良くなり、恋人のように思ってくれて再度会えることも多い。上質な美容性感マッサージを施してあげると、女性は夢中になり、その男性から離れられなくなるものだ。

女性の体は、しばしば本人さえ気づかなかったような大きな快感の可能性を秘めているなぜ美容性感かぼくがなぜ単なる性感マッサージではなく、美容性感マッサージというのか、また何故それをしているのか、その理由を説明しよう。
ぼくがしているのは、基本的には性感マッサージである。性的エクスタシーに達することができるためのマッサージだ。しかし、上質な性感マッサージを長い時間施された女性は、体内で女性ホルモンがよく出るようになり、新陳代謝もよくなって、美しい体に変えられていく。ぼくのもとによく来るリピーターの女性は、24歳だが、「ジョニーのマッサージを受けるたびに、と言ってくれる。その笑顔も美しい。肌がきれいになってきたわ。胸も大きくなってきた感じ。余計なお肉も落ちて、スタイルもよくなってきたのよ」よく「いいエッチをしていると、女性はきれいになる」と言うが、上質な性感マッサージは実際に女性をきれいにする。
さらに、ぼくは自分のマッサージを、オイルを使ったマッサージから始めている。オイルは美容にいいオイルを使い、全身にていねいに塗り込んであげる。ホホバ·オイルやマカダミアナッツ·オイルなど、肌の美容にいいものを使うとよい。これらは敏感肌の人でも大丈夫だ。肌によく吸収されて栄養となり、においも少なく、べとつかない。最近では、ぼくは幾つかのそうした美容オイルや、アロマも混ぜたマッサージ用のブレンド·オイルを使っている。
こうしたオイル·マッサージは気持ちがいいだけでなく、女性を輝かせ、美容に効果を発揮し、さらにその後の性感マッサージへ入る準備となる。先ほど述べたように、性感マッサージをしてほしいとやって来る女性たちの多くは、性感マッサージが初めてという人たちである。そういう女性たちにとって、すぐ性感マッサージに入ることには抵抗があるものだ。何しろ、それまで一度も手もつないだことのない男性から性感マッサージを受けるのだから。そのため、すぐ性感マッサージに入るのではなく、まずオイルを使って少し美容マッサージをしてあげるとよい。
全身にオイルを塗り込む作業をしながら、マッサージ師の手の感覚に女性が慣質れてくれるのを待つのである。このオイルによる美容マッサージを通し、女性は、マッサージ師の手の感覚に慣慣れ、やがて身体もほぐされて、リラックスできるようになる。そうやって初めて、その後の性感マッサージが効果をあげてくるのだ。オイルによる美容マッサージは、性感マッサージに入るための前段階のものとして、とても好都合なものである。ぼくはマッサージの中に「豊胸も取り入れている。実際に女性のバストを大きくするマッサージ法だ。もちろん一回のマッサージでは無理だけれども、1~2ヶ月続けると必ず効果が出る。さらに、マッサージ」
「マッサージくらいで乳房が大きくなるのか」

やはり一般の業界以

と思うかたもいるかもしれない。ところが明確な効果がある。これによってセクシーな体を手に入れた女性たちも多い。そういうわけで、これら一連のマッサージを、ぼくは美容性感マッサージと呼んでいる。女性にとって美しくなるは、女性の心を引くキーワードである。
「このマッサージは美容にもとてもいいんだ」と説明してあげると、女性たちは喜んでくれる。くすぐったい感覚を取る方法はじめにオイル·マッサージをすることには、もう一つ理由がある。女性の中には、くすぐったがりの女性もいる。
しかし、オイルマッサージはそうした女性のくすぐったいという感覚をなくしてしまうのである。よくセックスの前戯として、「男性の手が女性の肌に触れるか触れないかくらいの状態でゆっくりさすってあげる」ことがいいと、セックスのマニュアル本には書かれている。肌のうぶ毛に触れるか触れないかくらいの状態で男性の手のひらや指を動かすのだ。たしかに、すでに性的に敏感な女性の場合、そうした前戯がとても効果的である。ぞくぞくするような快感を与えることができる。
ところがこの方法は、くすぐったがりの女性には通用しない。くすぐったいのは、まだ性的に熟熱していないからともいえるが、くすぐったがり屋の女性は決して少なくない。
そうした、まだ熟熱していない女性を熟させるものが、美容性感マッサージである。初対面の男性から、手が触れるか触れないかくらいの状態でゆっくりさすられたい、と思って来る女性はいない。また、来た女性がすでに性的に熟しているか、それとも、くすぐったがり屋かもわからない状態でマッサージを始めるわけだから、まずオイル·マッサージから入るのが適している。オイルマッサージをすると、くすぐったい感覚をなくしながら、進めることができる。ぼくの経験上、オイルから始めてくすぐったいと言われたことはない。
たとえばオイルを塗らずに、女性の足の指をなめると、きゃっ、くすぐったい!と言われてしまうことが多々ある。性的に熟した女性なら大丈夫だが、そうでないと、足蹴りにあうかもしれない(注意!)。しかし、これがオイルを塗ってからだと、言われたことがない。かえって、大きな快感へ導くことができる。ぼくは、だいたい20~40歳前後の女性に美容性感マッサージを施してきた。20歳前後で性的に成熟する男性とは女性の場合は、性的に成熟するのは30~40歳大体において30歳くらいの女性は、くらいである。違い、美しい身体を持っているだけでなく、同時に性的にも熟している。一方40歳くらいであっても、性的に熟しながら美しい身体を保っている女性も多い。性欲が強いのも、30歳くらいから40歳前後くらいである。そうした女性は、あまりくすぐったいとは言わない。それでも、くすぐったいときはくすぐったいので、やはりオイル·マッサージが効果的である。20代の女性でも、はやくから性的に熟し、くすぐったがることもなく、快感の波に乗って何度もイケる女性が、中にはいる。
しかし半分以上の女性は、まだ熟しておらず、くすぐったがるひとのほうが多いと思ったほうがよい。たいていは、18歳~20代前半くらいの女性は、美しくても性的にはまだ子どもである。
そうした女性にマッサージするには、オイルによる美容マッサージから入るのがよい。
女性の美しい身体に激しい快感の波を起こそう体質を変える美容性感マッサージ美容性感マッサージは、女性の体質を確実に変える。幾つか実例を話そう。ぼくのところに訪ねてきたある女性は40歳ほどだったが、中肉の美しい体を持っていた。彼女は、「連続イキ、イキっぱなしというのがあることを、最近知りました。それを体験したことがないまま終わりたくないと思い、性感マッサージをお願いしたいと思いました」と言った。彼女は普通、エッチをすれば一度イクことはあるけれども、何度も続けてイッた経験はないという。ぼくは快く引き受けて、心をこめて、ていねいに施術を開始した。

セックスの意味をシ

膣口から白濁汁が垂れてベットを汚しているうつぶせでの美容性感マッサージを終え、仰向けでのマッサージに入ってしばらくすると、彼女は1回目のオーガズムを迎えた。触れるかふれないかの優しいマッサージを全身に施し、そののち徐々に手を敏感なところに再び置いて愛撫し始めた。すると彼女はやがて2回目のオーガズムに入った。そのあと、1回目から2回目までの時間は約5分。それから3回目は約3分後、次は1分後と、だんだん短くなってくる。そのあとは、ついにスイッチが入ってしまったようだ。イキまくる、いや、イキっぱなし状態になったのである。まさにエクスタシー状態だ。
一度そこに入ったら、なかなか快感がぬけない。体がそういう状態を覚えると、彼女はどっぷりと快感の海につかり、止まらなかった。その最中、ぼくは激しく手を動かすとか、激しい刺激は何もしていない。もともと、荒っぽい愛撫は一切せず、優しくするのがぼくのやり方だ。だから長く刺激しても、女性の体は決して痛まない。ぼくはポイントをおさえながらも優しく刺激していた。ポイントをちゃんとおさえていれば、女性は性感の頂点に達することができる。彼女はいったい何回イッたのだろう。数え切れないほどだった。
そのときも、短いときは、イッたと思ったらその10秒後にはまたイクという感じだった。そういう頂点の状態に30分も1時間もいた。その後、休憩してまた軽く刺激すると、再び同様になった。快感の山脈にのぼったまま、山の頂点から頂点へわたり歩いている感じである。官能の雲の上にのぼりっぱなしだ。
「すごい、すごい!こんなの初めて」と彼女は幾度も叫んでいた。じつに幸せそうな顔だった。それだけ長くエクスタシー状態にいたが、痛いとか、くすぐったいということもないという。彼女はこのようにして連続イキイキっぱなし状態を初めて体験したのである。彼女の体質は確実に変わり、快感の頂点に体が目覚めた。しかし、では誰でもこのような感じ方をするのかというと、決してそうではない。
快感の感じ方は、女性によって大きく異なる。たとえばある女性30代前半の場合、一通りの美容性感マッサージの中では、非常に気持ちのよい状態にあって、うっとりしていたものの、結局ああ、イク!という言葉を発しなかった。しかし、そのあと数十分お茶菓子を食べながら休憩し、再び愛撫すると、リラックスできたからだろう、ついにああ、イク!という言葉を発した。ふつう、イッた直後に陰部をさわると、くすぐったがられることが多い。


風俗の女のコに入 最高級なソープのサービス内容 セックス以外の場での二人の関係性特