セックスへもちこめアソコの変化ピンサロにいく

女性の体が蒸され、温められている状態で、さらにマッサージを続ける。手の指、指の付け根などは非常によい性感帯である。愛撫の仕方では非常に感じる。手のひら、ただし、手だけを愛撫すると、点攻め、3点攻めの法則を用いる。くすぐったがられる場合もあるから、ここでも2同時に胸を愛撫するのだ。手に愛撫を施すとき、女性の手を取り、その指を一本一本なめる。親指から小指まで、その根元までを口の中に含んで、ていねいになめていく。その際、たとえば女性の左手をなめようとするときは、蒸しバスタオルを少しめくって女性の左胸を出し、その左胸に男性のもう一方の手を置いて、乳房をやさしくもんでいく。
こうして乳房への刺激と、女性の手の指への刺激が不思議に混ざりあい、快感の波が女性の体内に起こっていく。
また手の指の付け根、指と指の間の皮膚も、性感帯である。男性の手で女性の手の指と指の間を広げ、そこをなめてあげる。手のひらも、とても感じる場所だ。そこもなめてあげる。その際、さらに手の甲もなめる。ずっと乳房への刺激を同時進行させる。乳房への刺激はまだ軽いものでよい。単に男性の手の感覚に慣れてもらうような感じでいい。乳首はまだ軽く触れる程度である。乳首の周辺の乳房にオイルを塗り込み軽くもんであげる。ながら、女性の左手、左胸への愛撫が終わったら、つぎには女性の右手、右胸への愛撫だ。蒸しバスタオルは、女性の体にかけている時間はやはり5分程度にする。5分くらい経ったら、ぬれたタオルを取り去り、かわいた浴衣を再びかけてあげる。
鷹内へのマッサージ
こののち、女性の脚を広げ、男性は女性の横にすわり、ちょうどシックスナインをするときのように、女性のお腹のほうから斜めに口を近づけてクリトリスを愛撫する。そしてクリトリスを愛撫しながら、ぬるぬるローションをつけたスティック型ローターの先端部を、再度、女性の謄の中にゆっくり挿入する。挿入したら、スイッチを入れ、ごく軽い振動を開始させる。スティック型ローターは、女性器の内部から、じわじわと快感を覚醒させる働きをする。
スティック型ローターは、持っている手を離しても抜けないから、振動を続けさせながら、空いた両手や口を使って、他の部位への愛撫を行っていく。ローターを摩の中に入れたまま、男性の口はクリトリスをなめる。また男性の片手の指は、大陰唇や小陰唇、女性器の周辺や脚、足の裏を愛撫し、もう女性のバスト等へ持って行って、乳房やその周一方の片手は、辺を愛撫すると効果的である。女性にとっては、女性器の内部からじわじわと振動が伝わってくるうえ、外部からもクリトリスや、足の裏、脚、お腹、胸などをさわられて、全身が、もう逃げられないほどの大きな快感に包まれてしまう。刺激自体は、いつも優しいものしか与えていない。だが全身への多点愛撫により、女性の身体はもだえに、何もかも忘れてしまうような強い快感に貫かれることになる。



風俗界に君臨する
もだえて、このとき、スティック型ローターを使わず、中指や、中指と薬指を2本セットにしたもので謄の中をマッサージしていくのもよい。女性によっては、そういう男性の指のほうが好まれる。ローターは機械的で単純な動きだが、男性の指は温かく、また自在に動くので女性はそうした動きを敏感に感じ取って性感が高まっていくのである。
乳房への性感マッサージ
片方の乳房を両手で愛撫したり、片方の乳房を口で愛撫、他方を片手で愛撫したりするスティック型ローターを崖の中で優しく振動させる状態を続けながら、あるいは手指を摩内に挿入し、ごく優しくマッサージしながら、空いた男性の手で、女性の乳房への性感マッサージに入ろう。まず、男性の両手で片方の乳房を包み込むようにして、ゆっくり優しくもみあげる。その後、もう一方の乳房を両手でもんであげる。波のように形を変えて揺らぐ乳房を楽しみ、もてあそぶ感じである。口でのマッサージに入る。片方の乳首を口に軽く含み、一方の乳房は口で愛撫し、もう一方は手で愛撫する形だ。また、もう片方の乳房に男性の手をおく。口による乳房の愛撫のしかたは、まず乳首から遠い部分からなめていくことである。円を描くように、口唇や舌を使って愛撫していく。そしてやがて乳首に来ると、まず乳首をすっぽり口の中に含んであげる。クリトリスの場合にもしたように、乳首の周辺に口唇を軽く押し当て、その口の中の乳首に男性の熱い息を軽くふきかけたり、舌で優しくころがしたりし始める。最初は軽く、しだいに強く刺激するが、いつでも、あまり強くやってはいけない。上へなめたり、横へなめたり、方向を変え、多少の緩急強弱をつける。しかし波のようにやることだ。
上唇と下唇の間で乳首をはさみ歯ではさんではいけない、ゆっくり上にひっぱり上げたのち、離す。また上に持ち上げた状態で、少し横に揺らしたりする。こうした口での愛撫と同時に、もう一方の乳房は手で愛撫する。
乳房をもんだり、乳首を指でもてあそんだりするが、ここでも軽く行なう。手の指で乳首をつかんで上にゆっくり持ち上げ、離すというのもよい。ただし強すぎる刺激は禁物である。じつは乳首で感じるか、あまり感じないかは、女性によって個人差が大きい。乳首はとても感じるという女性もいる一方、あまり感じないのという女性もいる。強い刺激でも大丈夫な女性もいれば、軽い刺激でないと痛がる女性もいる。だから、これらは様子を見ながらやらなければならない。
ときには男性の指を立て、軽く爪を立てるような感じで(といっても爪は短く切っているし、ヤスリもかけているので、爪は伸びていない)、乳房を軽くさすり上げる感じにするのも、いい愛撫法だ。乳首の周囲から乳首に向かってさすり上げる。これは大きな性感を与える。
ぞくぞくするような快感である。もちろん爪で肌を傷つけるような力を入れてはいけない。あくまで軽くさするような感じだ。すべてを波のように、なだらかな動きで行なう。なめる方向を変えるときも、強さをある程度変えるときも、手で愛撫する箇所を変えるときも、なめらかに波のように行なう。それは、女性が快感の波に乗るためだ。女性の体内ではすでに快感の波が起きている。その波に合わせて、快感の波彼は増幅され、大波となっていく。
男性も波のように快感を与えることにより、男性が女性の一方の乳房を口で愛撫し、たとえば男性の右手が女性のもう一方の乳房を愛撫しているというとき、男性の左手は空いている。

  • デリヘルの注意点あまり馴染みのない方もいるかと思います
  • ペニスをしごくクリトリスを圧迫風俗店は存在します
  • 奴隷プレイにされる

風俗嬢を掲載してい

風俗嬢のお尻を突き出し膝を拡げてその左手は、女性の他の部位を愛撫無することに使うのがよい。女性の耳を愛撫したり、首すじ、肩、手、腰などを愛撫したりする。あるいは口で愛撫している乳首のまわりの肌を左手でさすりながら、乳首を舌で愛撫する、というのもよい。ここでも3点攻めが効果的である。
つぎにお腹だ。お腹を口を使って愛撫してあげる。意外な性感帯である。おへそも、男性の両手を女性の両胸に置きながら、女性のお腹のあちこちを口を使って愛撫無してあげるとよい。おへそ、腰骨の出ているところや、陰毛のあたりも、ていねいに愛撫してあげる。
あるいは、男性の片手は女性の乳房を愛撫し、もう一方の片手は脚を愛撫しながら、口は下腹を愛撫するというのもよい。
女性の内股をさすったりしながらするのもよい。こうしてお腹まで女性の陰部との再会は間近だ。来ると、

陰部への

性感マッサージ陰部に男性の顔をうめて女性器の愛撫へ入る陰部へこうした愛撫の間も、スティック型ローターが瞳の中から振動し、女性器全体の快感を覚醒させている。それを腔に挿入したまま、男性は女性の両股の間に顔をうずめ、陰部で女性器への愛撫に入る。女性器への愛撫も、やはりすぐにそこに向かうのではなく、その周辺から始めるのがよい。
女性の両足を上げ、女性器周辺のお尻をなめあげる。大陰唇外陰部の左右一対の膨らみもなめ、そののちクリトリスや謄、小陰唇摩口の左右の肉びらなど女性器の部分全体を、男性のロを大きくあけて中に含むようにする。男性の熱い息を軽く吹きかけ、口の中に含んだそれらの女性器を舌でゆっくりなめ始める。
すぐに力を入れてなめてはいけない。あくまでさわるだけ、というような感じで始める。しかし、口の中に含むだけ、このとき、男性の両手は女性の両手を優しくつかむとよい。男性の左手で女性の左手を、右手で右手をつかむ。女性の手のひらを上にし、指を伸ばさせて、その手のひらを男性の指の先で愛撫無する。
すなわち、男性の口は女性の陰部に置かれ、男性の両手は女性の両手のひらを愛撫している形だ。両手をつかまれていることで、女性は一種の東縛感を感じる。この束縛感が快感を増幅させる。
でも恥ずかしいから逃げたいという思いを持ちながらも、両手をつかまれていることで、ああ、気持ちいい。逃げられないわと思い、快感の波に没頭できるようになる。ああ、女性はあきらめの中、こうしたちょっとした束縛感は、じつは性感マッサージにおいて重要な要素の一つである。性的な世界の中の女性の心の機徴を感じ取りながら、施術してあげることが大切だ。また女性は、女性器を愛撫されながら手のひらを愛撫されると、高い性感を感じることができる。本当は、オイルのついていない手のひらだと一番効果的なのだが、オイルがついていてもOKである。男性の手の指の先で、また爪で軽くなぞるように女性の手のひらをさすると、女性の快感は増幅される。たとえば読者は、ご自分の手の指をしっかり伸ばし、そるくらいにした状態でその手のひらを、軽く他方の手の指のつめでそりあげてみるとよい。結構ぞくぞくするような快感があるはずだ。男性でもそうした手のひらへの愛撫と、男性器への愛撫を同時に行なわれると、強い性感を感じることができる。指の付け根などへの愛撫が同時に行なわれると、快感は何倍にも増幅される。女性器を口で愛撫しながら、男性の両手で女性の両手を愛撫する。

風俗界に君臨する

セックスを知る大人のオンナであれば女性の手の女性も同様である。
女性器への愛撫と、手のひら、手指、ひらだけでなく、手の指や、付け根なども愛撫してあげる。女性の手を愛撫したら、そののち男性の両手を女性の上腕部のほうへさらに女性の胸へと移動するとよい。その間、男性の口は陰部を愛撫し続けている。動かし、女性器への愛撫をするにあたり、クリトリスだけでなく、小陰唇も大きな性感帯であることを忘れてはいけない。小陰唇という縦に長い両唇を、内側から外側に向かってていねいになめてあげることが大切だ。しばらく小陰唇の中央から右へ肉びらをなめ、つぎに中央から左へなめる。そうしたことを交互に繰りかえす。さらに、小陰唇の肉びらの付け根にあるクリトリスの周辺も、ていねいになめ始める。
またクリトリスを口の中や舌で、優しくもてあそぶように愛撫左にしばらくなめたら、次に右にしばらくなめる。する。上になめたり、軽く舌で叩いたりもしてあげる。緩急強弱をつけながらも、決して乱暴なしかたではなく、波のようになめらかな動きで行なう。クリトリスは最も強い性感帯の一つだ。けれども、だからといって単調で強い刺激を続けると、性感はもりあがらず、むしろ痛くなってしまう。デリケートな部分だということを忘れず、優しく扱うことが大切だ。強い単調な刺激を長く続けるよりは、軽い刺激を、方向や刺激の仕方を様々に変えて長く続けることのほうが、女性の満足度ははるかに高い。口は陰部の女性器を様々になめながら、両手は女性の胸そのためにも、やその他の部位を愛撫していると、変化があっていい。3点攻めは常に心がけてほしい。
クリトリスは、周囲の肌におおわれていて隠れているので、最初はその上から愛撫していても、やがて指で周囲の肌をめくりあげ、中のクリトリスをむきだしにして愛撫すると、より刺激が強くなる。胸を愛撫していた男性の片方の手を女性器の近くに持っていき、ときおりクリトリスの近くの肌を優しくめくりあげながら、なめてあげるとよい。

陰部への愛撫ははじめごく優しく、しだいに緩急をつけて。指を鷹に挿入多くの男性は、この「陰部に顔をうめ、口で女性器を愛撫し、両手で胸を愛撫する」という形に性的な満足を感じ、それ以上愛撫が進まないことがある。
「そこまでできれば満足で、愛撫は終了」というわけだ。しかしそれではあまりに悲しい。じつは本当の愛撫、本当の性感マッサージは、このあとに始まるのである。それ以前のマッサージは、すべて前戯にすぎない。性感マッサージの本編はこれからである。ちつ性感マッサージにおいてきわめて重要なのは、腔の中への愛撫である。その成否の良し悪しが、性感マッサージのすべてを左右するといっても決して過言ではない。先ほど述べたように謄の中こそ、性感帯の宝庫なのである。クリトリス等、陰部への口によるマッサージをある程度したら、スティック型ローターも抜き、手の指による摩の中への刺激に切り替える。摩の中への手指による性感マッサージは、どうやるのか。男性はまず、口によるクリトリスや小陰唇への愛撫は続けながら、片手を腔のところへ持ってくる。もう一方の手は乳房を愛撫していてよい。

風俗で下着を分別

しかし、右手なら右手を謄のところへ持ってきて、その中指の腹を上にして、腔の入り口にふれる。ふれながら、優優しく瞳の入り口を探す。そして舌がクリトリスをなめている最中に、中指を静かに、腔の中に挿入していく。ただし、まだ奥までは入れない。入り口のあたりでとどめておく。
あとで「あまりに気持ちよくていつ指を入れたかわからなかったわ」と言われるくらい、静かにゆっくり挿入するのである。摩口を入ったすぐの上部には骨(恥骨)があるので、それを避けるように、はじめ少し下向きに入れると入りやすいこともある。摩の大きさは女性によってまちまちで、狭い女性もいれば広い女性もいる。広い女性は指もすぐに入るが、狭い女性の場合、スムーズに入れるためには鰹の中に少し指を入れたのち、まっすぐ押し込むのではなく、少し入れたら下に軽く摩口の下部分を押し下げるようにしながら入れていく。興奮すると摩の入り口が狭くなる女性も多いから、指を少し入れたら、摩口を右に少し押しながら指を少し進め、次に左に押しながら指を進める等のことをして、ゆっくり入れていく。その際、ローションや愛液で手や摩の入り口がよく濡れていることが大切だ。スムーズに指の挿入がそれにより、できる。
また、言うまでもないが、このときとくに指の爪に気をつけなければならない。
マッサージに入る前に爪を短く切り、それによくヤスリがけして、指の先はツルツルにしておかなければならないと先に述べたことは、その意味からである。爪で女性器を傷つけたり、痛い思いをさせてしまったら、それでおしまいだ。摩の中に中指が入ったら、指の腹で摩の入り口を少し入ったところ(お腹の側)にある恥骨上に押し上げるかたちにする。舌はクリトリスをゆっくりなめ続けているが、そのすぐ下で、麿の中に中指あたりを、軽くが中指の腹で謄の入り口の骨を上に圧迫している感じだ。入り、じつは、この入り口の恥骨あたりは、強い性感帯のあるところである。
摩の中は入り口から奥に至るまであちこち性感帯だらけだが、この入り口近くの恥骨あたりは激しいエクスタシーに導けるだけの性感帯を有している。ぼくはこの「摩口入り口近くの恥骨の押し上げ」とクリトリスへの愛撫の組み合わせにより、たくさんの女性を強烈なエクスタシーに導いてきた。

エッチの可能性が高

女性を扱う一般企業でも使えるヒントが盛り沢山です

風俗嬢との恋で心身ある女性は、そのめくるめく快感の中でのたうちまわり、何度実際ある女性は数十秒、気絶していたことが彼女は術後、やがて平常心に戻ったとき、も激しくのけぞって、気絶するほどだった。ある。
「女性に生まれるってこんなにすごいことなのね。それが今日よくわかったわ」と言った。この術は決して難しいものではない。クリトリスをなめながら、摩の入り口上部の骨のあたりを上に、中指の腹で静かに押し上げ続けるというだけのことである。
しかし注意を要する。はじめは、本当に軽く押し上時間をかけて、だんだん強くしていくのだ。げる程度にし、また、この術は万人の女性に通じるわけではない。
個人差がある。性的に成熟した女性の場合は快感となるが、、未熟な女性の場合は痛がられることがある。30代以上くらいの女性ならたいてい大丈夫だが、20代の女性の場合は注意を要する。まだ様子がわからない場合は、ある程度強く押し上げるようになったとき、痛くない?と聞いてみてもよい。気持ちいいと答えるようなら続けてよい。しかしちょっと痛いと言うなら、別の愛撫の仕方に移るべきである。
摩の入り口近くの恥骨の押し上げは、女性によってはかなり強く押し上げても大丈夫である。それは様子を見ながらしなければならない。が、押し上げれば押し上げるほど、クリトリスや小陰唇への愛撫を続けるなか、激しく強烈なエクスタシーに達する女性も少なくない。もちろん、これはそれまで積み上げた愛撫の数々により、快感が高まっている状況で初めて言えることである。快感が高まっている状況でクリトリス等への愛撫と、この押し上げ術が重なると、一気にエクスタシーに達する女性も多い。贈の奥へもし、この「謄の入り口近くの恥骨の押し上げ」が女性にとって気持ちいいようであれば、続けるとよいが、そうでもない場合は、腔に入れた指の刺激位置を少しずつ変えていく必要がある。
しだいに奥のほうへ移っていくのでただし決して一気に奥へ行ってはいけない。徐々にである。摩内の少し右寄りの部分を圧迫したり、少しずつ奥へと圧左寄りを圧迫したり、真ん中を刺激したりしながら、ある。迫の位置を変えていく。ほんの少しずつだ。舌でクリトリス等を愛撫しながらそれをしていく。
そのとき、もしイマイチ快感が高まっていない女性なら、指を瞳の奥まで入れてはいけない。中程までにすることだ。そうでないと、痛いと思われることがある。摩の奥は、性的に成熟した女性の場合、エクスタシーをもたらす強い性感帯のあるところである。しかし性的に未成熟の女性の場合、そこをあまりいじると、痛みのほうが強くなってしまう。だから性的にあまり成熟していない女性の場合は、指の挿入は摩の中程までにとどめたほうがよい。摩の中程には、いわゆるGスポットと呼ばれる性感帯がある。Gスポットは、腔の中にあるため外部からは見えないが、腔の入り口から3~7センチ入った所にある(お腹の側)。