風俗辞めた後エッチなことに敏感になってしまう

すると、自然と自分の気持ちを分かって欲しい、相手の今の気持ちを分かりたいと思うようになってきます。その気持ちが言葉になって現れてくるのです。なぜなら、人は自分の魂の片割れを求めつづける生き物だからです。セックスは、そういう片割れを自分に合わせる行為とも言えます。ピタリと合わさって、お互いに安心し合うことがセックスのゴールではないでしょうか。言葉をかけ合うことはとても大切だと思います。その合わせる作業において、では、どんな言葉がけをすればよいのでしょう?

男性からは、女性を気遣う言葉を動物として見た場合、男性の方が力強く女性は男性に守られる存在であることは、男女同権を唱える現代においても、間違いはないと思います。確かに腕力で優劣を決めない現代社会においては力強さはそれほど重要ではありません。しかし、本能に突き動かされて行われる行為においては、動物としての男女の関係である方が自然な在り方となるでしょう。女性の権利拡大を訴えている女性運動家にあまり色気のある人がいないと感じているのは私だけかもしれませんが、その原因は、人間はあくまでも知性的存在としてあるべきでその知性の体現としての男女同権を求めて、男女の動物的な力関係を認めたくないからだと思います。また、そう言った思想を持たなくても性差を意識しない生き方を長年続けている女性や男性にもセックスを連想させる色気は少ないように思います。でも、そんな関係ではセックスはお互いの性欲を解消する相互マスターベーションになってしまいます。そうなると、そのうち相手に気を使うよりも自分で解消した方が手っ取り早いと言うことになりセックスレスへと進むでしょう。
おそらく、この本を読んでいられる方の中にはセックスレスに自ら進んでいこうと言う方はないと思いますが、相手からの拒否に在っている方はいるかも知れませんね。話がそれましたが、自然に近い状態では男性の腕力的な優位は明白で、それは女性を守るために在るのだと言うのが私の持論です。
これは、セックスにおいてはお互いが知性などをとっぱらって本能の衝動に駆られることになる以上、そこに在るのは野生のニ人であり、男性が女性を守るように扱うことがより自然なことだと言うことです。だから、男性はセックスにおいては、よりデリケートに女性をいたわり慈しむべきなのです。それを言葉にしましょう。どうだ、これすごいだろう?「おまえの○○、エロエロだなあ···」ほら、感じろよ俺の紙めろよみたいな自分を押し付けるような言葉は、マゾっ気のある女性には響くかもしれませんが、そうでない女性には、特に不感症の女性であるならなおさらです。

誕生日会をサプライズで宇都宮ホテルで行うには?

いに情けなく喘いでしまうだろうに奴隷プレイだ


素人に毛が生えた程度のもんだったのでしょう

>生理現象と言ったほ大切にされている実感はもてません。大切にされていない以上、心は開き切ることができません。だから、愛撫に対する感受性は低いままになります。そう言う女性が欲しているのは、そう言う男性の喜ぶ刺激的なセックスによる興奮ではなくて安心です。安心してこの人の前で自分をさらけ出せると言う信頼感です。差恥心で感じ切れない女性が、お前の○○、エロエロ·..なんて言われて喜ぶと思いますか?ましてや、セックスで感じて乱れた姿をさらけ出したら何を言われるかと思うと、もうセックスは楽しむものではなくなってしまいます。
男性はいくら興奮しても自制をしてあげてください。その自制が女性の安心感につながるのですよ。この人なら、自分が乱れている間も守ってくれているだろうって。
私が性感マッサージをしている時に、少ないながらもかけている言葉を挙げますと、「きれいです。すごく良い表情している。」
「そんな表情してくれると、とても嬉しいです。」ここ、こそばくないですか?これ、痛くない?どんなのが、して欲しい?「ほら、ぼくも感じてきちゃった。」と言って、シルエットを見せるあたたかい···指を挿入して、ほっとした表情で柔らかくて気持ち良いね。挿入した時や、胸を愛撫しながら「なんだか、触れているとほっとします·..」
ハグしたり、少し密着したときなど触ってみる?大きくなったモノに手を誘導しながら私はそんなに語量は多くありません。でも、それでも伝わるんですよ。こういう言葉を、ふと目が合った時に微笑みながら言ったり、耳元に顔を寄せることがあった時にささやきます。その時の私のメッセージは、あなたのことをしっかりと見守っていますよと言うこと。目に見えたことを優しさを込めて伝えます。肌で感じたことを、喜びを込めて伝えます。あなたのおかげで、今私はこれだけ心地好い時間をすごしていますと言う気持ちを表現します。
男性が自分の世界に入り込んで、自分の要求を押し付けるような言葉を投げかけると、セックスに積極的に参加できていない女性はどんどん孤独を感じています。
ですから、つながりを感じる言葉をたくさん投げかけてあげましょう。一緒にいる喜びを伝えてあげましょう。そうすることで、女性は安心できるのです。安心することで、男性の愛撫を受け入れたくなるのです。不感症の女性に対しては、特に大切なことだとです。初対面であっても気遣いさえできれば安心はしてもらえます。
たとえ恋愛のドラマがなくてもその場で安心と信頼が得られれば、私の性感マッサージでも満足してくれるのですから。
不感症に悩む女性は我慢しないで男性からの言葉がけについて長々と講釈を書きましたが、男性からの気遣いが完壁なら女性は誘導されるままでもかなりの割合で心を開けて、今まで以上に感じることができるでしょう。


アナルを攻められると無抵抗になってしまう

デリ嬢は愛撫に他

セックスは外せないね大体でも、それができる男性がパートナーならこの本は読んでいる訳ないです。そんな男性はさっさとそう言うことに気付いていますから。多分不感症に悩む女性のほとんどは、自分勝手なセックスを要求する男性とつき合うことがほとんどなのだと思います。もしくは、セックスに淡白であったり、見当違いな寛大さを持っていたり·..自分勝手なセックスを要求する男性は、一人よがりにいろいろなテクニックを試したり、道具や薬に頼ってみたりもするかもしれません。そして、面倒になったらお前、不感症だろ?でポイ··.。淡白な人はたまに女性を求めて自分が射精したらおしまい。女性がどう感じているのかに関心が薄いです。
女性があまり感じないことを悩んでいても、面倒だから「あんまり気にしなくて良いよ(たまに射精させてくれたら·これもまた、一人よがりですね·...·)」みたいな感じで、正面から向き合って女性と二人で喜び合おうとしません。
見当違いな寛大さを持った人も淡白な人と反応が似ていますが、一緒に感じられていないことに本人は少し寂しいながらも、「あせらなくて良いよ、向き合うことをせずに今与えられているものだけで満足しようとしてしまいます。でも、女性の方はそんな態度をとられることが寂しい場合が多いようですね。大好きな人とのセックスです。やっぱり、その人の愛撫でエクスタシーを迎えたいのです。その人が最高のものを与えてくれると言う満足感が、彼女のパートナーを本当に自分の片割れなんだと安心させてくれるのです。
だから、彼氏がいるのに不感症で悩んで私に相談にくる女性が後を絶たないのです。そのうち気持ち良くなってくるだろうから·..」と、そのことと前置きが長くなりましたが、女性は上のような男性とセックスをしているなら無言で我慢していてはいけません。でも、感じさせてくれない相手を責めろと言うのではないですよ。我慢している気持ちが堰を切ると、どうしても攻撃的になるのですがそうなるとセックスはしらけてしまいます。攻撃性を含むと二人で慈しみ合いようがなくなりますから。相手の男性にどうして欲しいかを具体的にきちんと伝えることです。だから、漢然と感じさせてよとかいかせてよと言っても無理です。
その言葉は、男性にはそんなに俺は下手なのかよ?とけんかを売られたような気分になってしまいます。伝えるのはどうすれば安心できるのか?
どうすれば、つながりを感じられるのか?どこを触っていて欲しいのか?どんなふうにしたら、高まりそうなのか?痛いのか、こそばいのか、気持ち良いのか?今していることを止めて欲しい。今していることを続けて欲しい。今していることを、どのように変えて欲しいのか?実は積極的にセックスを楽しもうとしている女性ならあたりまえにやっていることばかりです。でも、それができないで苦痛の伴うセックスを何十年も我慢してきた女性がいます。何も感じないでダッチワイフのように抱かれつづけて心が枯れてしまった女性がいます。我慢は苦痛です。

店側もそれに応じていかなければならなくなっていくんでしょうね風俗店

愛撫するゆっくプレイを再開してその苦痛を逃れるために、多くの人が感情を閉ざそうとします。セックスが原因で、心の潤いがなくなってしまったら本末転倒ですね。自分の人生を潤いのある人生にするためにも、心を閉ざす前にしっかりと自分の気持ちを出してみましょう。ぎゅっとして。それ気持ち良い。もう少し優しくして欲しい。ゆっくりの方が好き。「あなたの○○あたたかい.·」
それ、いや!
止めて!
こそばいよ·.…口でして欲しい。もっと私を見て欲しい。相手と目を合わせて○○されるのが好き。(キスとか、された直後に言ってみたり、して欲しいことが浮かんだ時に)段々、安心が増してくると守られているセックスからシフトして、二人で作るセックスになっていきます。そうなれば、されるだけでなくて、自分がまだ十分に感じていなくても自分からも何かしてあげたいと思うかもしれません。
そうなれば、相手に要求される前に○○してあげよっか?とかなにかして欲しいことある?と声をかけてあげてください。
セックスの最中に女性から積極的に何かしてあげようかと言われるのは、男性は嬉しいものです。その積極性は、自分が快感を積極的に受け入れようと言う状態になっていくきっかけになることも多いです。
これは、男性のことが好きで好きでたまらない女性なら普通にしていることですよね?でも、気を付けて欲しいのは、男性が調子に乗って女性を大切に扱わなくならないようにすることです。あまり極端に尽くしていると、気がついたら奴隷とご主人様のような関係になってしまっている人たちもいます。
女性が要求をするのはセックスの現場は女性の体の上だからです。男性はそこでどのように感じているのかは女性の反応を通してでしか分からないものです。だから、女性がうまく要求をしてあげることで、より良いセックスに誘導しなければならないのです。その息がピタリと合えば、男性は一緒に何かを楽しんでいる充実感をもてます。反応がないままでは、男性もまた独りぼっちのセックスをしなければならないのです。我慢はしないでより良い二人の関係のためにどんなことでも伝えてあげましょう。
不感症は男女の協力で乗り超えるもの性感マッサージ師としてカウンセリングをしながら見てきた不感症の女性の悩みについて、どうしたら良いのだろうかをここまで書いてきました。くり返しになりますが、私のところに来ると言うことは、パートナーの男性がきちんと向き合ってくれていないのです。


挿入の経験を感じる

男性は男性で勝手な思い込みやジャンクな知識で女性の体を実験台にしてしまい、女性を傷つけてしまいます。女性は男性を満足させられないことや、感じないことやいけないことで寂しい思いをしたり自分を責めたりして傷ついています。不感症は実際にそうであれ、思い過ごしであれ女性に重くのしかかってくるものです。それに対して男性側は何も傷つかないで、女性の苦しみにも気付かずに気ままにしている構図が一般的です。でも、それが不幸を呼んでいるのだと言うことが、カウンセリングや実際の施術を通してよく分かりました。きちんと女性の苦しみや悩みに男性が共感をできれば、放っておける訳がないものなんですよ。不感症って。その女性の思いに共感できないから、いつまで経っても私の仕事があるのですけどね。仕事があるのは結構なことですが、やっぱりその現状を受けとめるのは辛いことです。だから、この本を書いたのです。こんな私でも、初対面の不感症を自称する女性の過半数に、これからのセックスに希望を持たせることができるのは、一緒に乗り超えていこうと女性の苦しみに共感しようとしているからです。男女が別々な方向を向いて不感症対策をして、ベッドの上でその対策披露をし合うようなセックスではだめなんです。
特別なことは要りません。あたりまえのことをつみ重ねるんです。セックスは二人で作り上げるものです。その為に心を合わせましょう。心を合わせるとは、共感すると言うことです相手が今どんなことを感じているかを察することです。分からないなら聞きましょう。伝わって欲しいなら話しましょう。それができれば、不感症の問題は今の十分のーに減ってもおかしくないと思っています。
ぼくが何故このような本を書こうと思ったかというと、世の中には自己流で下手な愛撫をしている男性が、あまりに多いということがそういう自分も以前は下手だった。しかし美容性感マッサージ術と出会っある。て世界が変わった。今から思えば、以前は何とバカなやり方をしていたんだろうと悔やまれる。
今も、美容性感マッサージに来る女性たちからよく聞かされることは、「彼氏がいるんですけど、私が楽しむ前に、あっという間に終わってしまうんです」
「彼はあまりうまくなくて、だんだん痛くなってしまうんです」
「まだ私、イクっていう感覚がわからなくて」
「無理すればイクときもあるんですが、もっと新鮮な性感を味わいたくて」などである。
たいていの場合、彼氏、あるいは夫の愛撫が下手だったり、痛いものだったり、あるいはマンネリ化したものであるために、女性は充分に快感を味わっていない。そのために美容性感マッサージを通して、イキたい、イキまくりたいと思っているのだ。美容性感マッサージに来る女性は一体どんな女性かというと、もてないようなブスな女性ばかりだろうと思う人もいるかもしれない。しかしそうではない。たいていはごく普通の魅力的な女性たちだ。普通体型やスリムな女性、ややぼっちゃりの女性。

エッチの可能性が高

女の子の立場でもすごく重要なんです

愛撫しましょう一方の手で乳首初めて見る表情だったが中出なかには驚くほどスタイルのよい美しい女性たちも結構いる。専業主婦もいれば、OL、フリーター、事業家の女性もいる。年齢的には、ぼくの場合、20歳くらいから40歳くらいまでの女性を相手にしてきた。20代も30代も40代前半もいて、様々だ。職業もいろいろである。
そうした女性たちにマッサージを施しながらよく感じることは、「こんなに美しい体を持っているのに、男性の上手な愛撫を受けたことがないために、まだ充分な性感を味わったことがない女性たちがいかに多いか」ということだ。ぼくはマッサージを希望してくる女性たちに、いつも優しく、ていねいに施術してあげることにしている。2時間あるいは3時間程度、全身の性感のツボをくまなく愛撫し、刺激し、官能の世界にいざなっだから、てあげる。
そうすると、彼女たちはあるときは激しくイキまくり、のけぞって、無我夢中に官能の世界に酔いまくっている。すごい、すごい!と言いながら悦び、乱れ、抱きついてくる。ぼくはそうした女性の姿を見ることが喜びだぼく自身そういう美しい彼女たちを見ながら楽しんでいる。から、官能の世界に2時間も3時間も4時間も酔い続けられる女性というものは、本当に男性からみると、うらやましいと思えるほどだ。男性の性感に比べ、女性の性感ははるかに大きく、長く続く。男性は一回イッてしまうと、しばらくは萎えた状態になってしまうし、イッている時=頂点に達している時間も短い。頂点は何秒かで終わってしまう。ところが女性はそうではない。
何度も何度もイキまくることが極致まで性感を感じているそのエクスタシーの状態を何十分も続けながら、その中で連続して何度もオーガズムに達することが可能だ。できる。そういう状態では、もはや何回イッたかなどは、もうどうでもよくなる。全身へのていねいな前戯で1時間ほど気持ちよさを味わったのち、態に何十分もいて、我を忘れることができるからだ。めくるめく性感の極致に達し、無我夢中のエクスタシーの状やがて、最高の官能の世界に酔い続けられることは、彼女たちに非常に大きな幸福感を与えている。
そのようなエクスタシーの世界を体験すると、彼女たちはよく、「すごかった。女として生まれた悦びを味わったわ。ありがとう」と言ってくれる。ぼくは美容性感マッサージをやってあげて本当によかったな、と思う。これはぼくのマッサージに対する最高のほめ言葉だ。そう言ってもらえるとき、性的に解放させる技術ぼくはもともと、男子高の出身だし、赤面して何も話せなくなるようなウブな男だった。とくに美しい女性を前にすると、どうしようもなく緊張して何もできなくなる。たとえ何か言葉を出し女性と面と向かうと、
たとしても、馬鹿なことを言ってしまって、あとでよく後悔したものだ。当時は女性というものをよく知らなかったし、体験も少なかったからかもしれない。しかし、やがて女性体験も増え、女性を悦ばせること自体がとても好きになった。
ぼくが美容性感マッサージを始めたのも、女性を悦ばせるのが本当に好きだからだ。ときに、自分だけ楽しめばそれでいいという男性もいる。だが、そういう男性は美容性感マッサージには向いていない。女性が好きで、女性が悦ぶ姿を自分の喜びと感じられる男性でないと、美容性感マッサージには向いていない。ぼくの施術を通し、官能の世界を体験した女性たちの中には、自分が楽しむだけでなく、他の女性を紹介してくれるひともいた。そうやって新しい女性たちにもマッサージを施すと、悦びの輪はさらに広めくるめくがっていった。やがてぼくはあまりに美容性感マッサージに忙しくなりすぎて、ちょっと疲れてしまったこともある。